コメントについて・・・

GoogleブラウザのChrome推奨。
コメントは投稿者プロフィールを選べば問題ないと思いますが IEで「名前/URL」を選んだ場合 投稿に失敗する確率が高い気がします。
その場合は「匿名」にしてコメント文に名前を記入していただければ幸せます(=゚ω゚)

2016年2月3日

Mpow Clip-On

♪ア~タッチメントが 武器 なのさ~♪  (´▽`)





・・・てなわけで スペクトルマンの歌詞を知っている方も少ないとは思うが(しかも2番・・・)、先日 密林に注文した Mpow Clip-On なるアイテムが届いたんで 先の日曜日 試し撮りなんぞをしてきたぞっ!
今日はそのレポじゃ!!(゚Д゚)クワッ


これはどーゆーアイテムかと言えば・・・簡単に言うと スマホのレンズ部分に取り付けるアタッチメントレンズなわけだ。

ホントはデジイチ用にマクロだの超広角だののレンズが欲しかったんだが、そういう取り方をする機会もそんなにしょっちゅうあるわけでもないし、ちょっとした撮影ならスマホのほうが手軽だし、なんだかんだ言って所詮 ブログのネタくらいしか使わないし芸術作品を求めていないしな・・・

前のスマホの時はブログ用の写真を撮るにも デジイチあるいはコンデジを使っていたが、iPhoneに機種変してからはUSBで充電ついでに簡単に画像をパソコンに取り込めるんで ちょっとした撮影ならデジカメを持ち出す機会も確かに減ったしな・・・

で、このテのアイテムってヤマダ電機あたりでも売ってるし アマゾンなんかで調べると中国だか台湾だかの有象無象のメーカーから様々なものが出ている。
それこそ1000円くらいの商品から販売されているんだが、ちょっとお高い(と言っても送料込みで2000円ちょっとなんだが)これをチョイスしたのは ハードケース付きで(ほんとかどうかは知らないが)プロ用の高透明度ガラスを使っているということ。

まあ、プロがこんな2000円程度の商品に使われているガラスを使っているかどうかはさておき、レビューがそれなりに良かった印象だったからじゃ。


内容はと言えば、ハードケースの中に魚眼・広角・マクロの3つのセット。

スペック的にはどこのメーカーも似たようなもので 魚眼は180度、広角は0.36倍、マクロは20倍というもの。

広角って撮影可能範囲の角度じゃないと判りにくいが 理屈は35mm×0.36=12.6mm相当という解釈で良いのかな?
もちろん このテのレンズはワイコン・・・というよりオモチャみたいなものだと割り切る必要はあろう。


ちなみに 2~3回レンズを出し入れしたら ケース底の固定用ツメが何箇所か簡単に割れてしまったぞ・・・まあ そんなもんかな・・・(´□`)


使い方は クリップ方式になっているんで スマホのレンズ部分にレンズを合わせて挟み込むだけで いたって簡単。
このようにレンズを見ながら位置を合わせればレンズのほぼ中央にセットすることができる。

では早速、実写テストにGO!!

*************************



で、やって来たのは 萩の道の駅「萩往還」近くにある萩往還梅林園

今年は先の寒波がやってくるまで暖冬続きで 梅の開花も例年に比べて早い、という情報も聞いていたが、正直 見ごろというにはまだまだかな・・・


で、これは通常の撮影。逆光気味で画面が暗かったんで彩度は多少いじっているぞ。


こちらは広角レンズを装着。撮影エリアがだいぶ広がっているな。

もう少し木々が多ければ周辺の歪みも判りやすいが スマホ撮影と割り切れば これも納得できるレベルかな?

自撮りの集合写真とかでは威力を発揮しそうだが、わしのように孤独な生き方をしていると やはり山などの自然風景での撮影がメインになるんだろうが・・・

iPhoneにはパノラマ撮影機能もあるから 今後どのくらい活躍するかは未知数かな・・・



たぶん 一番使って面白いのは魚眼レンズだろうな。周囲のケラレは仕方ないがコンデジでよくある魚眼効果フィルターよりも映る範囲が広いから効果はあると思う。



マクロはこんな感じ。

レンズを被写体にくっつけるくらいの勢いじゃないとピンボケで撮影できないし ピント合わせも至難の業。
もう少しマイルドな接写機能を期待したんだが、顕微鏡的な使い方しかできないんで そんな出番はないような気もするぞ。

**********************


次は場所を移動して 萩市佐々並の「田ノ原の大樫」を久しぶりに拝んできたぞ。


思いっきり近づいて真下から撮影しても このような巨木の全体が写せるのは良いかもしれないな。注意しないと撮影のためにスマホを持つ指まで写ってしまうのがアレだが・・・

魚眼レンズは動画撮影でも活用したら面白い絵が撮れそうだな(´ー`)

**********************

てなわけで オモチャとしてはなかなか面白い一品だと思うが、ただ、オモチャと割り切るなら もう少し安いものでも良いのかもしれない。

もっと言えば もうちょっと予算を付けて魚眼のアタッチメントレンズ一点ものを選んだほうが 持ち運びもラクだし 「作品」的なものは撮れる・・・かも、、、というのが 正直な感想じゃ。

まあ、今までα6000用にEマウントの広角・魚眼ワイドコンバーターを購入しようかどうか さんざん悩んでいたが これで広角・魚眼がどんな感じなのか大体判ったんで 余計な物欲も収まったし、それはそれで良かったんじゃないかな・・・

ふふぅ~・・・

2 件のコメント:

  1. お久しぶりですです。
    私OLYMPUSのコンバータレンズを3種持ってるんですが・・
    いろいろ使いたくって購入したにも関わらず・・まったく未使用でござます。
    年齢とともに・・いろいろ・・忙しくなることも多く、カメラをいじってる時間も・・少なくなっている昨今でございます。
    今度、ガッッリカメラと向き合えるの・・何年後かと・・・(笑) AO

    返信削除
  2. どもです。
    私も買うだけ買って満足して そのままお蔵入り・・・というアイテムは結構あるような気がします。結局「持ち出すのがめんどくさい」という どうにもならない理由なんですが・・・

    ふぅ・・・

    返信削除