コメントについて・・・

GoogleブラウザのChrome推奨。
旧ホームページよりの再録記事について・・・山口県の滝情報は「【蔵出し】滝コンテンツ」、日本一周記は「【2003年日本一周記】まとめページ」を右サイドcategoryより選んでください。
コメント投稿は失敗しやすいので うまく投稿できない場合は「匿名」を選び コメント文に名前を記入していただければ幸せます(=゚ω゚)

2022年11月30日

晩秋の津波戸山トレッキング!

大分県山香町 津波戸山 左京の橋 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

と、いうわけで この週末は国東半島の津波戸山までトレッキングに出向いてきたが、その様子をご報告しておこうッ!

津波戸山は標高540Mほどの低山だが 奇岩のところどころに祀られた石仏を拝みながら登る 88か所の趣向を持った何気に面白い山じゃ。
六郷満山の中山仙境、千灯岳、田原山なんかと同じような趣向だが 一周するのに3時間以上、わしのようにのんびりハイクだと5時間くらいは歩いたり登ったりを繰り返すんで けっこう足腰に堪えるぞ。

大分県山香町 津波戸山 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA

ま、例によってトレッキングレポについてはYAMAPにアップしているんで そちらをご覧いただいて、と・・・

津波戸山・津波戸山本峰 2022/11/27 / BARAさんの活動データ | YAMAP / ヤマップ


ショート動画はアップできないのかな・・・?

2022年11月28日

別府鉄輪温泉 やまなみの湯

さて、この週末なんだが・・・

例年この時期は国東半島に紅葉を拝みにやって来ているんで 今年も同様のパターンを考えていたんだが、土曜日に急遽業務が入って日曜日だけの行動になってしまったな。

いつも別府のカプセルホテルに予約を入れて2日間をフルに過ごすわけだが 今回は何か嫌な予感がしたんで予約はしておらず、、、結果的には予約しなくて正解だったな・・・しかしながら日曜の一日だけの休みであれば それをフルに生かそうと思えばやはり前日からの行動は必至・・・

2022年11月25日

【過去に拝んだ滝アーカイブ】島根県の滝 / なならの滝

 なならの滝 

出雲市湖陵町畑村
落差 20M

出雲市の湖陵町の山奥にひっそりと流れ落ちる滝。

出雲屈指の規模を誇りながらも今まで地元の人も近寄らないような滝だったが この数年でネットで紹介されたことにより 地元有志のご尽力によって遊歩道が整備された。
「ななら」は「七折れ」の変化したものではないかということだが 長さ40Mほどの流れが何段かに曲がり落ちている。 落差は目視で20M弱、という感じかな?

下から眺めると流れの上部あたりに林道のガードレールが見えるのが若干無粋だが、今まで埋もれていた滝がネットを通じて再び集落の人との関わりを持つようになった、という その経
緯に なにかドラマのようなものを感じてしまうな・・・。

※記事は過去に書いたものを原文のままコピペしています。
ゆえに情報が更新されておらず 現状では変化している可能性もあります。

【過去に拝んだ滝アーカイブ】島根県の滝 / 観音滝

観音滝 


邑智郡邑南町中野
落差 50M

国道261号から江の川対岸に渡り、鹿賀の駅を越えてJRの線路をくぐったあたりで川を遡上すると「観音の滝」の看板を拝むことが出来る。
駐車場は立派、滝も立派な滝の割には あまり観光化されていないというか 道は少しわかりにくいかも。 駐車場からアップダウンのない遊歩道を少し歩くと滝に到着するんで なかなか万人向けの滝ではないかな?

もともとはこの滝付近は「べべの小渕」という名前で呼ばれていたんだが、ココに住む龍の悪さを抑えるために観音様が祭られるようになってから「観音滝」と呼ばれるようになったんだとか。
50Mの一枚岩の壁をさらさらと流れ落ちる実に優雅な滝で 見ごたえも十分。 しぶきもあまり無いんで家族ハイキング向きだと思う。小さい子供をつれて滝つぼ付近でノンビリと弁当なんかを食べるのにちょうどいいんじゃないかなあ。

※記事は過去に書いたものを原文のままコピペしています。
ゆえに情報が更新されておらず 現状では変化している可能性もあります。

2022年11月22日

鹿野 漢陽寺の紅葉チェック2022

 臨済宗・鹿苑山漢陽寺は応安7年(1374)、中国地方を一手に掌握していた大内氏の祈願所として建立され、現在は大本山・南禅寺の別格地として山口県屈指の名刹となっている。開基は左京大夫であった26代当主・大内盛見公であるが、父の弘世公の治世に庵を建て鹿苑庵としたのが当寺の起こりである。開山は室町時代の高僧・用堂明機禅師。弘世公が用堂禅師の高徳を聞き懇請して、これを迎えその教えを乞い、その跡を継いだ盛見公が当地に本寺を建立し、康暦2年(1380)には泰聞して「十刹の地に任ず」という院宜の下賜を受ける尊い寺歴を嗣いでいる。(漢陽寺サイトより転写)

山口県周南市 鹿野エリアの紅葉の名所として知られる古刹、漢陽寺
今回はライオン岩にやって来たついでに この漢陽寺の紅葉もチェックしてきたぞ。

山口県では紅葉の名所として知られている寺院なんだが 不思議なことにわしは今まで ちゃんとこの寺院を見学した記憶がなかったりする。もちろん外からは何度も見ているんだが・・・

それはなぜかといえば 単に「有料施設だから」、ということに他ならないぞ。近くにある二所山田神社なんかは拝観料を取られないから何度か訪問しているんだけどな。

ま、紅葉の具合は「そろそろ終盤」という感じだったが 今回の画像はオリンパスのデジカメの「アートフィルター」効果を使ったものが混じっているんで 不自然に色合いが際立っている画像はアートフィルターで撮影したものと理解してもらって差し支えないぞ。

こちらがノーマルモードで撮影した画像

こちらがアートフィルターの効果で盛ったものじゃ。

*****************************