コメントについて・・・

GoogleブラウザのChrome推奨。
コメントは投稿者プロフィールを選べば問題ないと思いますが IEで「名前/URL」を選んだ場合 投稿に失敗する確率が高い気がします。
その場合は「匿名」にしてコメント文に名前を記入していただければ幸せます(=゚ω゚)

2019年2月17日

岸見の石風呂

さて・・・2月第三週の日曜日なんだが・・・

予想外に天気が良かったんでアレなんだが 昨日の夜は自治会の集会で動けなかったんで遠出も出来ないことも判っていたんで ネッ友くにさんのブログで知った徳地の石風呂の体験入浴が気になっていたんで そちらに出向いて来たぞ。

先の謎のTV番組でも告白しているとおり、防府・阿弥陀寺の石風呂は何度も入湯済みだが そのほかの石風呂に関してはまったく入浴経験がなかったんで この機会を逃すわけには行くまい。



で、やってきました こちらが「岸見の石風呂」
徳地町エリアには30を超える石風呂があるらしいが、今現在 火入れが行われているのはココと「重源の里」のもの、そして出雲大社分院の傍にある「二の宮の石風呂」くらいらしい。

ただ 防府の阿弥陀寺の石風呂のように定期的に火入れを行っているものはなくて 年に何回か 重源上人の法要とか石風呂まつりのようなイベントで行われるが、今まではなかなかそこまでの情報は入手できなかったからなあ。(なんでも歴史や石風呂の炊き方などの伝統を残す意味で 最近 徳地をはじめ周防大島やその他 あっちこっちの石風呂の火入れを行って復活させようという運動もあるらしい・・・)



石風呂についてはざっくりと説明すると

岸見の石風呂は、東大寺再建の用材を切り出した時の遺跡で、人夫の保養のため重源上人によって作られたものです。
地元の花崗岩石を積み上げた幅4.4m、奥行3.6m、高さ1.8mの石室からなり、土間には石が敷きつめられており、石室は木造茅葺きの覆屋により保護されています。
石室の中で小枝を燃やして石を焼き、火をかき出した後、ぬれたむしろを敷いて熱気浴をするサウナであり、同様の形式は佐波川流域に多く分布しています。
重源上人を「石風呂開山」と呼び、建物の休憩の間には、重源像を安置する祭壇があり、命日の6月5日を「石風呂開山忌」として、石風呂をたき、お祭りをして、その恩に感謝するのがならわしとなっています。」
山口観光情報サイト「おいでませ山口へ」より丸写し)

・・・と、いうことじゃ。



なんせ800年前の文化なんで お寺とかこのような屋根のあるところはともかく、野ざらしの石風呂はなかなか復活させられないだろうな・・・

昔ながらの茅葺屋根の赴きある建物だが これだけでも相当な文化財のような気もするな。



まず作法として 最初に奥の間に祀られている石風呂開山・重源上人像に手をあわせるよう係員のおっちゃんに促されるぞ。



これが時の支配者から東大寺再建の木材調達のために山口県に派遣された高僧、重源上人その人じゃ!
わしはこのブログでは「鎌倉時代に山口県で暗躍した謎の木材ブローカー」というバチ当たりな紹介をしているが、実はとっても偉い人らしいぞ。



で、使用規定をしっかり熟読した後で いよいよ石風呂にフェード・インッ!!
m9( ゚Д゚)クワッ!!

*********************

2019年2月14日

湧くわく天然温泉 ラピスパ

山陰の旅 初日のラストを飾るのは米子市の立ち寄り入浴施設、「湧くわく天然温泉 ラピスパ」


ここは高速道に乗っていても 田園風景の中にぽつんと そしてやたら目立つ存在なんで 前回 大山登山に来た時にも気づいていたんだが、その時はあまりに派手な外観に若干 不安を感じていたんで 見た目が少し地味な「ゆーゆー倶楽部NASPAL」のほうをチョイスしていたのじゃ。

今回は「このエリアの入浴施設の取りこぼしを埋める」という意味もあったんだが、TARO先生が「アメニティのしっかりした施設がいい」とか宣ったこと、そしてここはレストランも併設しているんで ついでに夕食も済ませる目的もあってのチョイスとなったわけだ・・・


館内の写真撮影は当然不可なんで 画像はラピスパのHPよりの無断借用じゃ。なんか最近はネット画像の無断借用はもちろん スクショでも違法になる、とかなんとかニュースで見かけたが それならそれでネットやSNSで自由に使えるようなフリー画像を施設側も用意してもらわないと 口コミの効果も期待できないんじゃないのかな?

**********************

2019年2月13日

大社湯(第三鶴の湯)

今回 倉吉市までやってきたのは もちろん第一に「円形劇場」の訪問が目的だったわけだが、わし的にはもう一つ、是非とも入っておきたい入浴施設があったのじゃ。それが今回ご紹介する「大社湯」

倉吉市は白壁の古い町並みが観光名所となっているが 「大社湯」はその町並みの一角に位置している。



元々は「第三鶴の湯」という名前だったが 隣に出雲大社倉吉分院があるため いつしか「大社湯」と呼ばれるようになり、今ではそれが正式名称となっているんだとか。



こちらの営業時間は午後4時半から。わざわざ「ハワイゆ~たうん」で時間を調整したのはその中途半端な営業時間ゆえなんだが、やっぱそんな時間帯に入ろうと思えば 日帰りでは難しいよなあ・・・



さて、この大社湯、実は温泉ではなく銭湯だったりするわけだが、関金温泉や三朝温泉など有名どころの温泉スポットが近くにあるこの地で 何故にここをチョイスしたかと言えば ここが鳥取県最古にして唯一の銭湯だったということに尽きる。

大社湯の開業は1907年頃。大正期に増築、昭和期に改修、そして平成には地震の被災を乗り越えて現在に至っている。当時のタイル、浴槽、水鉢などの内装や平屋切妻造、瓦葺などの外観などが明治後期の形態を色濃く残しているため登録有形文化財として登録されているんだそうな。



では番台のオトウサンに入浴料を払って いざ入浴ッ!!(゚∀゚ )

************************

大社湯(第三鶴の湯)

鳥取県倉吉市新町3-2292
泉質 :不明
効能 :不明
営業時間 :16:30~21:00 (5・15・25日休)
入浴料金 :400円

************************



むぅ・・・のすたるじぃ~(´▽`)

ちなみにお湯は若干の浮遊物があったんで たぶん鉱泉だと思うが 成分表などないんで温泉と言うわけにはいかないんだろう。
深い浴槽は4人くらいがちょうどいいサイズ。御影石でつくられた重厚な感じの立派な一品だが 湯舟の真ん中あたりの壁からかなりの勢いで熱水が噴き出るギミックが装備されている。
どこかに吸い込み口があるはずだが・・・よくわかんなかったな。

じっくり雰囲気を堪能してあったまった頃に新たなお客さんがやってきたんで そそくさと退場したが、まさに「文化財に入る」という趣向のレトロ感、ノスタルジーを味わえる、というのがここの一番の魅力。
非常に趣きのある落ち着ける空間だと思うが、湯舟の狭さがどうしてもネックになるだろうから いかに人が居ない時を狙うかがキモになると思うぞ。

2019年2月12日

羽合温泉 ハワイゆ~たうん



さて、円形劇場を後にして時間潰しにやってきたのは東郷湖湖畔にある「はわい温泉」。

この東郷湖の対岸には東郷温泉というのがあって 日本最大級の中国庭園「燕趙園」なる施設が観光スポットとしては有名なんだと思う。
ホントはこの燕趙園が時間潰しにはちょうどいいかとも思ったんだが 残念ながら雪が雨に変って とてもノンビリ中国庭園を鑑賞するような天候でもなかったんで断念。

東郷温泉の「ゆアシス東郷 龍鳳閣」なる入浴施設も気にはなっていたが 東郷温泉は以前「寿湯」なるマニア向けジモ泉には入っているんで やっぱり未入湯の「はわい温泉」をクリアしておきたい気持ちのほうが強かったんで 今回は(語呂だけでハワイにあやかろうとする根性が逆に潔い)羽合温泉のほうをチョイスじゃ!




**********************

羽合温泉・ハワイゆ~たうん

鳥取県東伯郡湯梨浜町上浅津204-2
泉質 :ナトリウム・カルシウム-塩化物 硫酸塩泉 PH7.7 54.8℃
効能 :神経痛・筋肉痛・うちみ・くじき・痛風・動脈硬化症など
営業時間 :9:00~21:00 第4木曜休
料金 :360円

**********************

ちなみに東郷温泉の「ゆアシス東郷龍鳳閣」は「ゆ~たうん」と同一経営の姉妹施設だと思うが 回数券は共通の様じゃ。



あと、料金は360円という良心的な設定だが JAFの優待特典を使えば半額の180円で入れたのには驚いたぞ。



建物は一昔前の体育館という雰囲気なんだが、たぶんプールのような使われ方を想定していたか あるいはだだっ広い浴室でフラダンスなんかを実演できるようにしているのかもしれないな。



この画像は「はわい温泉・東郷温泉旅館組合」HPよりの無断借用だが、浴室には壁一面に湯梨浜町の観光名所案内のパネルが貼られている。そのあたりが少し代わっているというか「ハワイ」をテーマにするのなら他に手の加えようがあるような気がするんだが・・・

浴室はかなり広いが浴槽はメインの大浴槽と小浴槽、隅のほうに恐らくは介護用と思われるヌルめの小浴槽がある。
その他にはカランがあるだけなんだが やたら空間が広々しているのがいいんだか悪いんだか・・・たしかにゆったりと入れるのは美点だと思うがな。



まあ、料金が良心的なんで凝った演出は期待してはいけないんだろうが、ここまで広い空間が必要なんだろうか?という疑問は隠せなかったな。

お湯はやや塩気を感じるものの無力透明・ほぼ無味無臭。加水はされてないようだが循環利用で温度を保つための加温、ろ過殺菌はこーゆー施設故に仕方ないだろうな。
個性は感じないがジモティの方が毎日入るにはこういう感じのお湯のほうが使いやすいんだろう。
ただ シャワーとカランで使われているお湯はやや硬めの感じがしたんで そちらの方は高温を生かした源泉利用じゃなかろうか?

この羽合温泉はメインはやはり旅館・ホテルでの利用だと思うんで フラッとやってきたときに気軽に利用できる立ち寄り湯ということで 覚えておいて損はない施設だろう。

ただ、雰囲気的には観光客向けに「ゆアシス東郷龍鳳閣」で「ゆ~たうん」はジモティ向けということになるんだろうなあ・・・

それにしても東郷湖を挟んで中国にモチーフとした観光施設と アメリカにあやかった温泉地があるリゾートというのも なんかある意味感慨深いのぅ。
今は冷え込んでいる両国の首脳会談とか ちょっと誘致してみたら面白いんじゃないかな?(無謀な提案だろうけど・・・)

2019年2月11日

円形劇場 くらよしフィギュアミュージアム

と、いうわけで この3連休なんだが、例によって何をする予定があるわけでもなかったんで TARO先生と共に鳥取県と島根県の県境あたりをウロウロしてきたぞッ!!

天気予報だと東日本から上は記録的な最強寒波が襲来する、と言うことで 山陰あたりも雪がすごいんじゃないか?そんな中で車中泊なんかして大丈夫なのか?という不安を抱えながらの決行じゃ!

***********************

9日(土)の朝6時に萩を出発して まずは最初のターゲット、「円形劇場」を目指して鳥取県の倉吉まで進むんだが


島根県浜田の道の駅「ゆうひパーク浜田」で朝定職などを頂いて・・・


約6時間 車を走らせて、倉吉手前の道の駅「琴の浦」に到着~♪


琴浦町はアニメ「琴浦さん」とコラボしているみたいだな・・・(-_-;)

鳥取県は鬼太郎やコナンなど漫画関係で町おこしをして入るのは有名だが、それ以外にもいろいろ手を出しているんだな・・・

わしは正直言って「琴浦さん」なるアニメの存在を知らなかったんで てっきりご当地の萌えキャラかと思ったが、TARO先生は「あ~・・・」と何か妙に納得されていたんで それなりにメジャーな作品なんだろうな。


琴浦さんは知らなかったが ご当地ナンバーはちょっと欲しいと思ったり・・・


そんなことはともかく、とりあえずこの道の駅で昼飯など。
わしは刺身といかの煮付け、さざえ飯がセットの「三度笠定食」(880円)、


TARO先生はやっぱり名物の「潮自慢・海鮮丼」(980円)をオーダー。
むぅ!ハッキリ言ってこの内容にしてはお得な価格だと思うんで なかなかおススメ度は高いぞ。

ちなみに何故「三度笠」かというと 琴裏町の海岸に「波しぐれ三度笠」なるモニュメントがあるかららしいんだが・・・それ以上の理由があるのかどうかは不明じゃ。


で、そんなこんなでいよいよ最初のターゲット、「円形劇場・くらよしフィギュアミュージアム」に到着じゃ!!

***********************