コメントについて・・・

GoogleブラウザのChrome推奨。
コメントは投稿者プロフィールを選べば問題ないと思いますが IEで「名前/URL」を選んだ場合 投稿に失敗する確率が高い気がします。
その場合は「匿名」にしてコメント文に名前を記入していただければ幸せます(=゚ω゚)

2018年1月31日

亀川温泉 / 平田温泉

ども、部屋の壁に貼ってわしを癒してくれるポスターが 石原さとみから長濱ねるに変わった者です(´・ω・)ノシ
いやいや、この歳になって「B・L・T」なるアイドル雑誌を購入するのは なかなか勇気がいるもんだと痛感しているぞ(´ー`) まあ 今回はポスター狙いだから後悔はしてないがな。ふふふ・・・

さて、そんなことはどうでもいいとして この週末の活動記録の続きなんだが・・・

トレッキングと博多温泉を堪能した後は大分自動車道を使って一気に別府まで向かうことに。今回は久しぶりの土日休みだったんで時間を無駄にはできないし いつもの別府のカプセルホテルに泊まって 日曜日は朝から温泉めぐりをする計画なのじゃ!

*******************

夜8時過ぎに別府のグロリアホテルに到着。2時間くらいゆっくり温泉とサウナを堪能して トレッキングの疲れもあったせいかそのままカプセルに入ってバタンQ。
日曜日の朝は車を入れたコインパーキングの夜間料金が朝7時まで、という条件があったんで早めに起きて またまた寝起きの温泉&サウナを堪能・・・

どうでもいいけど大分県って「ドラゴンボール超」を日曜日の朝5:45から放送しているんだな・・・サウナ室のTVを思わず没頭してしまったんで朝からヘロヘロじゃ(´□`)(←自業自得・・・)

*******************

朝7時前にチェックアウトして吉野家で朝食をいただいて、せっかくだから別府八湯のどこかに入ろう、と検討した結果、未入浴で吉野家からも近く、営業時間も早かった亀川エリアの「平田温泉」とやらにターゲット ロックオン!!さっそく向かうことに。



住宅街の中の車の入れない路地を入っていくと平田町・照波園町共用の公民館が。



この公民館併設の温泉こそが「平田温泉」なのじゃ!



ちなみに平田温泉の住所は平田町ではなく照波園町になるようだが、そこんところの細かい事情はよくわかんないぞ・・・



では無人の受付に100円払って、温泉へGO!



********************

亀川温泉・平田温泉

別府市照波園町11
泉質 :弱アルカリ性単純温泉 PH8.40 73.3℃
効能 :神経痛・筋肉痛・五十肩など
営業時間 :7:00~10:00、15:00~22:00 第1・2・3月曜休
料金 :100円

********************



入り口を入ると脱衣所と 数名が入れる程度の浴槽がポツンとあるだけの 典型的な別府の共同湯スタイル。
浴室の隅にある上がり湯からパイプを伝って ツルツル感のあるやや熱めのお湯が掛け流しで使われている。この平田温泉は独自の源泉をもっていて 無色透明ではあるが上品で素晴らしいお湯だと思うぞ。

亀川エリアの温泉は観光客向け、レジャー向けというわけではないし、度肝を抜くような変わった泉質、というわけでもないんだが 毎日入るにはこーゆーお湯が一番なんだろうな。
こんな温泉が当たり前のように湧いていて もはや「これを気軽に利用できる別府の人が羨ましい」という感想以外に何も出てこないぞ・・・ (-。- )

2018年1月30日

博多温泉 元祖元湯

今回、宝満山と難所ヶ滝のトレッキングの後は 普段は通り過ぎるだけの福岡市の中心エリアに立ち寄るチャンスだったんで 今までなかなかチャレンジすることも出来なかった九州八十八湯巡りの一つ、「博多温泉」にトライすることに。



この博多温泉、福岡・博多の中心街からそんなに離れてない住宅地にポツンと存在している。



傍から見たらどうみても普通の民家にしか見えないが・・・と、いうか こういう都会の住宅地に温泉が湧いている、というだけでも凄いことだと思うわけだ。大分や熊本ならまだ判るが 博多に温泉が湧いているというイメージはないからなあ。



博多温泉は昭和41年、お地蔵様のたもとに井戸を掘ったところ湧き出したという比較的新しい温泉。地下2メートルのところまで自噴する49度のお湯をそのままポンプで汲み上げて使っていて 地域の人からは「お地蔵様の恵みの湯」と言われているんだそうな。



そこだけ都会とは思えない亜空間の路地を進み、、、



ドアを開けると受付はこんな感じ。元は旅館を経営していたらしいが 人手不足というか手間が掛かりすぎるんで現在は昼間の立ち寄り湯しかやっていないようじゃ。

では早速 温泉へGO!!

************************

愚かな消費者、参上ッ!!

さて、先日 トレッキング用ウェアとソロストーブ系のアイテムが欲しいとブログに書いたんだが、本日 一応の解決を迎えたんで皆様にご報告しておこう。

まずはソロストーブ系のキャンプアイテムなんだが・・・

結局「何がメインの目的か?」という初心に帰って考えるに、コーヒーを沸かすとか焚き火をするとかいうなら カセットコンロや焚き火台に勝るものはなかろう。やはり「ストーブ」というからには「暖を取る」というのが主目的で ついでに焚き火や煮炊きができればいいんではなかろうか?

ソロストーブは観賞用・工芸品として あるいは山に入って本格的なサバイバルキャンプを行なうには最適だと思うが、暖を取るには少々パワー不足だし、理想を言えばエコズームのロケットストーブあたりを狙いたいところだが、「一生モノ」といいつつ2万円はやっぱり・・・

で、「暖を取るなら炭や焚き火のほかに練炭も使いたい」ということで調べると なかなか全ての条件を満たすものというのも無いわけだ・・・結局「ホンマの七福輪」とか あいあんさんの持っている「tab缶ストーブ」くらいしかないような、、、あとは会社にいくらでも転がっているペール缶を使って自作するとか・・・でも 果たしてそれで満足できるのか?

・・・という自問自答を繰り返し、結局「安物買いの銭失いになりかねないし 焦って買う必要もないからしばらく保留」ということに。

が、今日 会社帰りに近くのホームセンター・ダ○キに立ち寄った際、このようなものを発見ッ!!

*************************

2018年1月28日

難所ヶ滝から宝満山へ!

・・・てなわけで今季最強クラスの寒波がやってきた後の週末、福岡・三郡山の通称・「難所ヶ滝」がまた凍結したらしい、という情報を小耳に挟んだんで 久しぶりに氷瀑観賞などに出向いてきたぞっ!



アパートから起点となる宇美町の「昭和の森公園」まで高速を使って2時間くらいの距離なんだが、ホントはできれば前日から動きたかったんだが、やっぱ歳なのか寒さには勝てず、早起きもできずにフツーに「ズムサタ」が始まってから起床・・・

9時過ぎに駐車場に到着したときには すでに満車状態だったが なんとか空きスペースを発見してスタートすることができたぞ。

ま、詳しいことは例によって「YAMAP」にアップしているんで そちらを御覧頂くとして・・・



難所ヶ滝の大ツララを見学に行くのはこれで3回目になるのかな?年明けすぐの大寒波で一度出来たツララも先々週の気温上昇でスッカラカンになったらしいが 先週の3日くらいの寒波で再び完成したのがこちら。

難所ヶ滝 2018/01/27 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA


正直 今まで見たツララの中では一番規模は小さかったが それでも見学客で大渋滞が起こっていたな・・・
こっちを見ているオジサンは たまたま居合わせた見知らぬ人なんでスルーしていただければ幸いじゃ(;・д・)



去年はツララを見れなかったから簡易アイゼンも久しぶりに装着したが、これって初めて難所ヶ滝に行くときに型落ちが安く売られていたんでホイホイと購入したんだっけな。

難所ヶ滝以外で使うことも無かったんで3回目の装着になるんだが、今まで「少し歩くと靴から外れてしまうのはなんでだろ?」と疑問に思っていたが 今回ようやく今まで前後を逆につけていたことが判明したぞ。

冷静に考えれば逆向きに装着するほうがかなり難しいはずなんだが、何で今まで気がつかなかったのか、というか どうやったら間違えたまま装着していたのかすら判らないぞ。まあ今となってはどうでもいいことだが・・・

宝満山山頂 2018/01/27 #theta360 - Spherical Image - RICOH THETA


滝を観賞した後は宝満山まで足を延ばし、頂上で山ラーなどをいただきながらマッタリとすごし、来た道をそのまま戻って撤収。
やっぱ2週間に一度くらいは山道を歩かないと 全然体調が安定しないなあ・・・

それと いつかは宝満山山頂直下のキャンプ場で野営をしなくては、と思っているんだが それもいつになることやら、だな。今回は冷え込んだが夜は風もなかったんでどうかと思ったが、朝は天気が崩れて山間部はけっこう雪が降ったようだし、やっぱ無理をしなくて正解だったか。

普通に朝起きるだけでも辛いと思うほど寒さに抵抗力がなくなっているが、もう少し仕事が落ち着いたら今年の初キャンプも計画しないとなあ・・・

ふぅ・・・

2018年1月27日

詳細は後日ッ!

この一枚を撮影した直後、iPhoneが寒さのために突然バッテリーゼロになって使用不能に。

ポッケに入れて復活するまで小一時間かかりました(>_<)

てっきりアップルの陰謀アプリの仕業かと思ったんだが( ´Д`)y━・~~

2018年1月24日

冬の物欲!

いやいや、年末から仕事が忙しくて休みが読めないから 山登りもキャンプも温泉旅行も出来ずにストレスが溜まりまくって暴発寸前じゃ(´□`)

そんなストレスのやり場に行き詰ったときは どうしても物欲に走ってしまうわけだが、ココ最近は帰宅してからTVを見つつ 同時にパソコンのモニターを見ながら密林で迷い子になっているぞ。

正直 そういう生活になるまでは大して欲しいとも思ってなかったし 冷静に考えれば購入する必要性もないんだが・・・

今 欲しいと思っているのはズバリ、冬山用のウェアとソロキャンプ用のストーブだったりする。勢いでポチってしまいそうになっているが 今のところお気に入りには入っているがカートには入ってない状態じゃ。

と、いうのも やっぱりネットの写真だけではイマイチ質感がわかんないからなあ。

特にウェアは ちゃんとしたアウトドアメーカーの製品ならなんとなくイメージは掴めるし サイズさえ間違えなければメイドインチャイナでもメーカーが品質管理をしているだろうしメーカー責任も意識しているはずだから製品的にはそんなにハズレはないだろう。が、わしの狙っているのは中華オリジナルの製品なんで レビューだけを信用してポチるには やっぱり勇気がいるわけだ。

で、日曜日は山口のスポーツデポなどに出向いて 最近の傾向と アウトドアブランドでなくても普通のスポーツウェアメーカー・・・アディダスとかプーマとかチャンピオンとかで似たような感じの製品がないか調査することに。

ま、結論から言えば スポーツブランドの商品でも良さそうな商品はアウトドアブランドと同等、あるいはそれ以上の値付けがされているんで手が出なかったな。そうなるとやっぱ人柱覚悟で中華に手を出すしかないのかな。

ザ・ビッグやミスターマックス、しまむらなんかの商品を見ると たぶんアマゾンで取り扱っている中華製ウェアも だいたいこんなもんじゃなかろうか?と推測できるんで やっぱりポチるには勇気がいる・・・でも欲しいものは欲しい・・・でも冷静に考えると「絶対に必要」というわけじゃないし・・・

と、いう物欲の波にもまれて悶々としている状態じゃ。

もう一つの物欲、それはソロストーブなんだが、秋のキャンプの際にきゃらぼくさんが使っているのを見て なんとなく気になっていたんだが、調べれば調べるほどに物欲が成長してしまってのぅ・・・(´ー`)

*************************

2018年1月21日

がんばろん、ニッポン!

むぅ~、今日は良い天気の日曜だったが やっぱり精神的肉体的に疲れていたのか、ホントは山登りの一つでもしたかったんだが そんな気力もなかったな・・・

で、今日は一日何をするわけでもなくウロウロしていたんだが、まあそれは良いとして、と。



先月 車を買い替えるにあたってカーステレオも新調したんだが、最近のカーステレオでMP3を演奏した際、画面に曲名のほかにジャケットの画像やらアルバム名、歌手なんかの情報も表示される、というのは以前 書いたとおり。

ここんとこ、ヒマを見つけては手持ちのMP3にネットで適当に探してきた画像を貼り付けて遊んでいて そっちに気を取られ過ぎて肝心の音楽の情報までは全然気にしてなかったんだが、「小さなスーパーマン ガンバロン」の画面を見て この番組の主題歌を歌っているのはジャニーズの歌手だった、ということを この歳になって初めて知ったぞ。



・・・と、いっても「ガンバロン」という作品そのものが 世間的にどのくらい認知されているのか?というのも疑問だが・・・


「小さなスーパーマン ガンバロン」は「スーパーロボット レッドバロン」「マッハバロン」に続く「バロンシリーズ」の第三作。

主題歌の「ガンバロン’77」というタイトルを見ても判るとおり、77年・・・昭和52年の作品じゃ。この時代は「Gメン75」とか「こおろぎ73」とか「カルメン77」とか「ウルトラマン80」とか 何故かタイトルに西暦をつけるのが流行っていたが わしらが小学校高学年だった時代の作品だな。

ストーリーは「ワルワル博士」こと「ドワルキン」という いかにも悪そうな敵が「おそろしゴリラ」なる いかにも恐ろしい名前の怪物を操って攻めてきて、それを小さなスーパーマン・ガンバロンが頑張って倒す、、、というものだったと記憶している・・・と、いうか それ以外ストーリーを思いつかないんだが まあそんな感じの内容じゃ。

小学生だったわしも「将来は少年タイムスの記者になりたい」とか思っていたが 大きくなったら少年じゃなくなるから少年タイムスでは働けない、という矛盾に気づくのに時間が掛かったぞ。まあ、そんなことはどうでもいいんだけどな。

それにしてもこの番組、フォーリーブスやザ・リリーズなどの 当時のアイドルがゲスト出演していたが ジャニーズが一枚噛んでいたとは知らなかったな。

天真爛漫で可愛らしい子供だったわしも 天道輝には負けを認めていたが、輝役を演じていた人は別にジャニーズだったというわけでもないんだな・・・デスク役の少年はジャニーズJrのメンバーだったらしいが どんな少年だったのか全然覚えてないぞ。
ま、この番組で主人公の天道輝以外で覚えているのはワルワル博士と部下のワルベエ、天道家執事のムッシュくらいだけどな。

「ジャニーズ少年団」なるグループをちょっとググッてみたが、なんでも野村のよっちゃんがメンバーにいたらしいが、ガンバロンのオーディションには合格しなかったらしいな。

流石だな、よっちゃん・・・(´ー`)(←何?)




・・・え~っと、結局何の話をしたかったか忘れたんで 今日はこれまで。
明日からまた欝な一週間が始まると思うと気が滅入るんで サッサと寝る・・・(´□`)

2018年1月19日

2018年の行動予定!

なんか・・・なんかな・・・(´□`)

先週末の出張が今月抱えている課題のピークだと思っていたから 今週は少しは落ち着けるんじゃないか?という期待もあったんだが、開けてみれば予想もしてない方向から別のトラブルが舞い降りてきて 今週はさすがに参ってしまったぞ。まだ病院で肛門をグリグリいじられている時の方が頭が空っぽにできたぶん よっぽど気が休まっていたような・・・

こういうストレスを抱えているときは 湯治なり山登りで体を動かすなりして発散できることを考えねばならんのだが 今週末は団地の自治会活動なんかもあって なかなか自由にはならない状態・・・
う~ん、、、何か画期的なストレス発散方法でも考えないと ほんとに参ってしまいそうじゃ。

ある程度は時間が解決してくれると割り切るしかないんだが、とりあえず3月末までは休みがキチンと取れるのか取れないのか読めない状態なんだよなあ。2月の3連休も仕事上 次の山場がその辺に来そうなんでどうなるのか読めないし・・・

そんなことを考えると余計に気が滅入ってしまうわけだが 休める前提でいろいろ予定を立てて(あるいは妄想して)おくとしよう。


来週はまた寒波がやってくる予報になっているから 来週末は宝満山の大ツララあたりを考えているが 雪が降れば高速道路が封鎖される可能性もあるから 下道を使って九州の佐賀あるいは大分の海側の山と温泉を組み合わせてもいいかな?
まあ一回は宝満山なり阿蘇の古閑の滝には行きたいと思っているし 天気が悪ければ車中泊あるいはカプセルホテルを利用しての湯治ツアーに行きたいぞ。とりあえず3月までは休みが取れれば出来る限り九州方面を中心に考えている。

4月の桜シーズンはまだどうするか考えてないが シーズン的にはやはりトレッキングに温泉とキャンプを絡めた動きになるだろうな。

問題はGWなんだが、、、さすがにその頃の業務上の予定までは今のところ特に何もないから 例年通り数日かけて車中泊旅行をすることになるだろう。
九州もだいぶ回ったんで 今年は城崎温泉と氷ノ山を絡めて兵庫県北部エリア、もしくは赤石山メインの四国エリアを考えているぞ。

6月のミヤマキリシマシーズンだが、去年は結局 坊がつるでの登山キャンプは行けなかったから今年はなんとかリベンジを計りたいのぅ。7月以降はどうせ今年も猛暑だろうから 海と川を絡めてのキャンプが中心になるだろう。

10月からは紅葉と温泉を絡めて登山&トレッキング・・・そして冬になればまた動けなくなるから近場の低山と温泉の組み合わせになるのかな?


・・・なんかそう考えると 行く場所はちょこちょこ替えても基本的なスタンスは「温泉・登山・キャンプ」だから 毎年あまり変わらないような気もするな。なんか新しい趣味でも考えないと行動にバリエーションと幅が増えないわなあ(´□`)





書くこともないから寝る・・・(-_-)zzz










2018年1月16日

腸潜入! リアルスコープハイパー

・・・わしも気がつけば52歳。

たぶん人生の折り返しは過ぎているとは思うが さすがにここまで齢を重ねると気がつかないところでいろいろガタがきているわけだ・・・(´ー`)



わしは20年前に一度死にかけた経験があるんで それ以降は健康診断でもAとかBとかの判定は受けずにF判定・・・つまり「治療中」ということで特に何をするわけでもなかったんだが、、、

去年に受けた会社の健康診断では視力やら聴力やら その他もろもろでかつてない赤点をくらってしまったんで 年末に再検査に出向き、その結果 今日は会社を休んで大腸内視鏡検査とやらに挑んできたぞ。

なんでも検便に血液が混じっていたから、ということなんだが 「たぶん検便の採取が上手く行かなかったんで頑張りすぎたことが原因じゃないか?」とウスウスは判っていたんだが 今までそういう検査も受けたことはなかったんで 一度くらいは経験しておくべきだろうということじゃ(*´Д`)(←なぜ照れる?)

たぶん大丈夫、と思いつつも 事前のレクチャーで先生から
「もし大腸がんが発見されたらご家族、本人への連絡はどうしますか?」とか「小さいポリープならその場でチョキチョキ切っていって癌かどうかの検査をしますが、貴方の場合は血液サラサラの薬を飲んでいるんで ポリープが大きかったり沢山あったりしたら・・・」とか もう癌あるいはポリープが発見される前提で話をするから やはり不安も出てくるわけだ・・・



で、出張から戻ってきてから いちおうは食事にも気をつけて、「食物繊維をとるな」という言い付けも守って今日の日を迎えることに。
終末に萩の実家に帰らなかったのも 実家で今の時期のメインの食材はどうしても根野菜中心になってしまう、ということを想像していたからだったりするぞ。

さあ、実験を始めようか!!( ゚Д゚)クワッ

*******************

2018年1月15日

北浜温泉

さて、先週末は出張ということで大分の杵築市まで出向いていたんだが、泊まったビジネスホテルの近くに温泉施設があるのを発見したんで せっかくの機会だし入っておくことにしたぞ。今日はそのレポじゃ!



で、これがその「北浜温泉」とやら。
正直 杵築の市街地の温泉までは調査不足で知らなかった・・・山香温泉とか日出の温泉には入ったことがあるが どうしても隣に別府があるから杵築までは目が届かなかったな。

********************

2018年1月14日

劇場版 マジンガーZ / INFINITY

いやいや、木曜日から悪天候の中、ずっと出張しながら作業というか雑務というか そういう状態だったんだが、昨日の夕方に開放されたときはさすがに辛かったな・・・(´□`)

昨日は夕方、「みちしお」に出向いて貝汁と温泉を堪能したんだが、今日一日の休みでは萩の実家に戻るのもメンドくさかったんで遠出はしないことに。ホントは大寒波の後だったんで福岡の宝満山の大ツララでも観にトレッキングでも・・・とか考えていたが そんな体力が残ってなかったんで断念じゃ。

で、今日は宇部の「カッタの湯」で日長一日 湯治をしながら過ごそうと考えていたんだが そういえば宇部のスクエア7で「マジンガーZ」を上映していることを思い出したんで せっかくだから鑑賞しておくことに。

「マジンガー」は下関では公開してないし、見ようと思えば小倉か宇部に出向くしかないんだが、そうなると会社帰りにフラッと、というわけにはいかないからなあ。

やはり「マジンガー」といえば 巨大ロボットアニメの原点にして頂点というか わしら世代にはドンピシャだし、なんだかんだで外せない作品だしなあ・・・



まあ、ネタバレというほど詳しくは書かないつもりだが これから見ようという人は以下はスルーしてくだされ。

***********************

2018年1月12日

出張中なり

今週に入ってから毎日バタバタで、今やってる作業に関しては来月末までバタバタを引っ張る予定…(*_*)

それだけでも忙しいのに 違う仕事やら予定やらも畳み掛けてくるんで 来週も先が読めない状態じゃ。

昨日今日は出張なんでブログネタもないけど とりあえずご報告まで。

2018年1月9日

ゆるキャン△

と、いうわけで 1月からアニメ化された「ゆるキャン△」なんだが、


ケーブルに加入してないものの、amazonプライムのほうで鑑賞する事は出来たんだが、Fireを経由してTVで鑑賞しようと思って検索かけても探しきれなかったのはなぜなんだろう?(パソコンでもなかなか探すのに苦労したけど・・・)


あ~、キャンプしたいのぅ・・・(´□`)

連休明けから早くもストレスが溜まっていてどうしようもないから とりあえず「クソアニメ」と話題の「ポプテピピック」でも見るかな・・・

2018年1月8日

湯野温泉 国民宿舎湯野荘





・・・と、いうわけで 萩から日帰りで行ける温泉というのも行きつくした感があってマンネリ化しているんで 今回は久しぶりに周南市の湯野温泉などにやってきたぞっ!



以前は公衆浴場的な存在だった「元湯・小松」オンリーだったが 小松が廃業してから以来だから何年ぶりになるのかな・・・

湯野温泉の立ち寄り可能な施設は旅館系で3つは確認しているが 今回チョイスしたのはそのなかでもっとも庶民的というかジモティ向けじゃないかと思われる「湯野荘」。

国民宿舎なんで他の旅館に比べてオシャレ度は低いし建物そのものも古いと思うが 正直 それがわし好みだし 何よりここには源泉浴槽があるということが決め手じゃ♪



*********************

湯野温泉 国民宿舎湯野荘

周南市湯野4346-2
泉質 :含弱放射能-アルカリ性硫黄温泉 PH9.5 32.9℃
効能 :通風・動脈硬化症・高血圧症・慢性皮膚炎・慢性婦人病など
営業時間 :10:00~20:00 1月と9月に設備点検休業あり
料金 :475円

*********************





日曜日ということもあるし旅行客や地元の利用者で駐車場も満車状態で賑わっていた状態だから 浴室内の撮影など不可能なんで 例によって湯野荘さんのサイトより画像は無断借用させていただくが こんな感じ。

メインの大浴槽と打たせ湯、そしてバイブラ付きの源泉浴槽というシンプルな造り。サウナや露天はないからレジャー的な要素を求めるなら近隣の旅館・ホテル系施設の利用をオススメしておこう。

湯野温泉のお湯って意外と侮れない泉質を誇っていて ツルスベ感のあるアルカリ泉だがやや黄色く濁った硫黄の匂いがしっかり感じられる、さらに高濃度のラジウム含有量もあるという一品。
神功皇后が周防灘を航海中に立ち寄り熱を出した皇子を温泉で治療した、という伝説があるらしいが 戦後は負傷した兵士のための療養場に指定されたりして 湯治にはぴったりなんじゃないかな?

湯量がそれほどでもないし こうゆう施設ゆえに循環利用は仕方ないと思うが さすがにこれだけ混雑した状態だと湯の花以外の浮遊物が目に付くのは仕方ないか・・・

お目当ての源泉かけ流しの小浴槽だが、大浴槽でゆっくり温まってから入るとひんやりと・・・しかし入っているうちに心地よくなる絶妙な温度は素晴らしいと思う。
ただ この時期にこの温度の源泉をバイブラでガンガンかき回すのはどうなんだろう?
わしとしてはバイブラは大浴槽のほうに仕込んで 源泉浴槽はじっくりゆっくり浸かった方が良いんじゃないかと思うんだが・・・そういう意味でも廃業した「元湯・小松」の源泉浴槽は一枚上手だったな。

***********************

・・・と、いうわけで 久しぶりに湯野温泉を堪能したわけだが 近くの湯野観音岳もいつかはトレッキングに来なくては、と思っているんで そのときにはまた来ることになるだろうな。(いつになるかは未定だが・・・)

ホントはこういう施設は宿泊で利用してゆっくりくつろぎたいところなんだが、食事処もあるようだし フラッとやってきても敷居は低そうなんで利用価値は高いと思うぞ。



あ、ここはボディシャンプーは備え付けがあるが 髪用のシャンプー・リンスの類はないんで タオルやカミソリ同様 必要な人はフロントで購入するか事前に準備して持ち込むのが吉じゃ。

2018年1月7日

草の庭



年末にコリドラス水槽の水換え掃除を行ったんだが 年末の仕事納めを終えてアパートに戻ると 水槽のガラスに無数の卵が産み付けられているのを確認。

そのままだとコリドラスやらネオンテトラの餌になってしまうんで 卵をちまちま取り出して保護ネットに隔離していたんだが 正月明けに休暇を終えて下関に戻ってみると・・・



コリドラスって魚は環境の変化で産卵が促される特徴があるんだが、水換えをしたときはかなり高い確率で卵が産み付けられるのじゃ。



今回は目視で12匹の稚魚を確認することができたな♪
また扶養家族が増えてしまうが 元気に育ってくれればええのぅ(´ー`)

まあ、こいつらは意外と頑丈で生命力も強くてなかなか死なないから 餌だけ与えてれば特に世話をしなくても大丈夫なんだけどな。それより20匹近くいたはずのネオンテトラが気がつけば3匹しかいないのは・・・だいたい一年くらいの寿命だとわかってはいるが それにしても見た目に綺麗なこいつらはなかなか増えなくて 地味なコリはどんどん増えていくのはいかがなものか・・・(←あまり愛情を感じない発言・・・)

***********************

さて、正月明けの土日休みなんだが 今日は特に何も予定が無かったんで TARO先生が島根県の六日市で見つけたという無農薬野菜メインのオーガニックカフェとやらに出向いて来たぞ。今日はそのレポじゃ!!



***********************

2018年1月5日

(再録・日本一周記)旅行コレクション「端っこクラブ♪」

*********************

最東端証明書

H15.08.24
最東端 北海道根室市 納沙布岬

*********************

最西端証明書


H15.06.25
最西端 長崎県小佐々町 長崎鼻

*********************

最南端証明書

H15.07.05
最南端 鹿児島県佐多町 佐多岬

*********************

最北端証明書

H15.08.21
最北端 北海道稚内市 宗谷岬

2018年1月4日

天神詣でトレッキング!

年末年始休暇 最終日・・・



ま、特にこれと言って予定もなかったんだが、何もしないというのもアレなんで 新年らしいスポットということで 防府天満宮などにお参りに出向いてきたぞ。



とはいっても 真の目的は防府天満宮の裏に聳える「天神山」のトレッキングだったりする。

天神山は別名「酒垂山(さかたりやま)」。標高は167Mで「山」というより「丘」なんだが、防府天満宮がこの地に建立されたキッカケになったとされる山だったりする。

その存在は知っていたが今まで登ったこともなかったんで 新年らしく縁起の良さそうな山ということで今回のチョイスとなったわけじゃ。標高が低いから登山の装備がなくてもハイキング感覚で登れそうだしな。



天神山の巨岩の一つ、「はも岩」。ご丁寧に眼と歯がペイントされている いかにも防府市らしい一品じゃ♪



例によって登山レポは「YAMAP」のほうにアップしているんで 詳細はそちらを御覧頂くとして・・・



下山後は天満宮の境内で売られていた「天満餅」などをゲット。



たぶん太宰府天満宮の「梅が枝餅」の類似商品だと思うが 目の前でつきたての餅を丸めて販売しているんで食感はこちらのほうがわし好みだな。白と蓬(緑)の2種類があるぞ。

防府天満宮と防府・山口エリアの観光インフォセンターの役割で作られた「うめてらす」は 今まで入ったことがなかったんで どんなものかちょっと見学することに。



山口銘菓などのお土産もけっこう充実していたが 個人的には自衛隊グッズのコーナーが興味津々だったぞ。



自衛隊限定のご祝儀袋。これをもらって嬉しい人は嬉しいだろうが普通の人はビミョーだと思うな・・・



カレーや牛丼などのミリ飯もグッとくるものがあるが 容器つきとはいえ結構良い値段だな(-゛-;)



わしは温泉用に迷彩タオルと 自衛隊限定の滋養強壮ドリンク、「元気バッチリⅡ」とやらを購入。(「Ⅱ」というからには改良版なんだろうな・・・)

これを飲んで明日からの業務を元気に乗り切れれば、という趣旨なんだが どーでもいいけどドリンクのネーミングがお役所仕事だよなあ・・・

2018年1月3日

三が日 終了!

・・・(´・ω・`) むぅ、ウダウダ過ごしながら 年末年始休暇も残すところあと1日か・・・

何をした、ということもなかったんだが、元旦の徹夜初日の出登山で昼夜も逆転して 結局食っちゃ寝で終わってしまったな。

せっかく一週間近くも休みがあるなら キャンプをするとか ちょっと遠出をするとか 考えなかったわけでもないんだが・・・実家に戻れば80を越えた母親と2人きりになるわけだが、わしがホロホロ遊び呆けて不在にすると おせち料理なんかも母親一人に食べさせることになるしなあ。今までの人生で特に親孝行をした自覚も無いが さすがにそこまでの親不孝もできまい。

まあ、遠出は無理にしても なんだかんだで正月休みって年越しの準備をしたり親戚が挨拶にきたり、外に出ても店が営業してなかったり めぼしい観光地や神社仏閣は人混みが予想されるしで 出不精になってしまうのは仕方ないことなのかのぅ。しかし何もしないで休みを終えてしまうというのもなあ・・・


僕は嫌だッ!!(゚Д゚)クワッ (←欅坂?)




・・・と、いうわけで 同じくヒマにもてあそばれているTARO先生、KYOJUと わしの親不孝オッサン3人組は 島根県益田市の「唐音の蛇岩」まで今年の水仙の状況を確認するために出向いて来たぞッ!



・・・まあ、ココも毎年のように来ている訳だが さすがにマンネリ感が拭えないか。
水仙の花の時期は比較的長いし 第一陣が散ったとしても第二陣、第三陣と何度か見頃がやってくるものなんだが 場所が海風吹きさらしの場所なんで 年末に吹雪いたりしたら花もあっという間に散ってしまう。

ここ数年、時期が早すぎたり花が散った後だったりで ベストシーズンにドンピシャリ、ということがなかったんだが、今年は例年に無くハズレというか・・・たぶんこれから咲き始めるんだろうけど 水仙の植えられている丘全体にボコボコと穴が発生していたり 雑草も目立っていたり 手入れが難しくなっているのか 見ごたえ的には全然だったな(;´д`) 

*********************