コメントについて・・・

GoogleブラウザのChrome推奨。
コメントは投稿者プロフィールを選べば問題ないと思いますが IEで「名前/URL」を選んだ場合 投稿に失敗する確率が高い気がします。
その場合は「匿名」にしてコメント文に名前を記入していただければ幸せます(=゚ω゚)

2014年5月10日

斐乃上温泉 / ヴィラ船通山・斐乃上荘




船通山登山口にあるヴィラ船通山・斐乃上荘

ココの温泉「斐乃上温泉」は なんでも栃木県「喜連川温泉」、佐賀県「嬉野温泉」とならんで「日本三大美肌湯」ということになっているらしい。
・・・ちなみに龍神温泉や湯の川温泉、川中温泉は「三大美人の湯」だが、どう違うのか選定の基準がわからんなあ・・・いずれにしろ誰が何の権利があってそういうことを主張するのか知らないが、根拠より大人の事情のほうが大きい気がしてならないぞ(-_-;)

今回 船通山登山を計画したときから 当然のようにこの温泉の入浴は折込済みだったわけだが・・・とりあえずフロントで入浴料を支払って温泉へGO!



さすがにシーズンなんで 浴室の様子など撮影できるわけもなかったが、コチラは斐乃上荘HPより無断拝借したもの。
10名程度が入れる大浴槽1つと洗い場があるだけの造りだが 大窓から見える木々の風景はなかなか。 こういう施設ゆえにシャンプー類は設置されているがタオルは別料金。

肝心のお湯は「美肌の湯」ということから判るとおり、アルカリ性のツルツルなもの。
それほど強烈な感じではなく アルカリ泉の多い山口県西部に住むわしの感覚だと どちらかといえばツルツル感も控えめかな? 上品っぽい、というのが美肌の湯と言われる所以かもしれないが・・・

ま、お湯に入るためだけに遠くからこんな山奥まで来るにはチョイとキツいかもしれないが、トレッキングの汗と疲れを取るため、というシチュエーションならば 必要十分で手頃な施設だと思うぞ。

***********************



さて、今回やってきた船通山には 昨日のブログで紹介した「船通山のイチイ」、「石割ケヤキ」のほかに もうひとつ「竹崎のカツラ」というものがあるらしい。
こちらは船通山というより ヴィラ船通山の正面からアクセスする登山道があって 600Mくらい歩けば辿り着けるらしい。





このような花を愛でながらノホホンと歩くこと600M、ようやく竹崎のカツラとのご対面じゃ!





ふーん・・・(*゚ー゚) (←今ひとつ価値がわかってない模様・・・)

【MEMO】

斐乃上温泉・斐乃上荘 ヴィラ船通山

島根県仁多郡奥出雲町竹崎1843-2
営業時間 10:00~20:00
入浴料金 410円

0 件のコメント:

コメントを投稿