コメントについて・・・

GoogleブラウザのChrome推奨。
コメントは投稿者プロフィールを選べば問題ないと思いますが IEで「名前/URL」を選んだ場合 投稿に失敗する確率が高い気がします。
その場合は「匿名」にしてコメント文に名前を記入していただければ幸せます(=゚ω゚)

2017年5月21日

2017GW南九州一人旅⑨ まさかり温泉 / テイエム牧場温泉

そろそろ2日目も日がだんだんと傾いてきたが、大隈半島の北上を進めて次にやって来たのは「荒平神社」とやら。



わしの所有するツーリングマップルには「岩場に立つ学問の神様」という注釈が書かれているが こういう景観なんでそれなりに人気の有るスポットのようじゃ。



アベックなら近くに「かのや霧島ヶ丘公園」なる恋人の聖地認定スポットがあるし ツウな観光をしたいなら鹿屋航空基地資料館という特攻の歴史を知る施設もあるんだが・・・あえて学問の神様をこの歳になって訪問する意味は一体・・・



天神様だったのか・・・だから学問の神様なんだな・・・



確かに学生とか子連れのファミリーとか そういう客層(?)が目立つかな?
と、いうか 50過ぎのオッサンが一人で参拝する姿が浮きまくっているぞ (-。- )



案外小さい祠が祀られているが やはり天神様なんで絵馬には「合格」の文字ばかりで 特にピピッとくるものはなかったな・・・(←他人の絵馬をチェックする男・・・)



とりあえずオジサンは学生旅行らしき4人組のギャル軍団を遠目に眺めてほくそ笑みながら撤収・・・

*********************

さて、今回の九州南部・・・大隈半島ツアーは「市房山登山」「雄川の滝」、そして今回紹介する「テイエム牧場温泉」の3つを軸に考えていたわけだが・・・



こちらがそのテイエム牧場温泉・・・(;・д・)

国道沿いの判り易い位置にあるんだが、数年前の台風によって甚大な被害を受けてしまい 現在も建物はそのままになっている。

ネットや他の湯治場で出会った温泉好きの人たちからの情報では「台風の被害を受けて廃業したらしい」という話を聞いていて 「あの九州を代表するコテコテの析出物の温泉がもう入ることは叶わないのか・・・」と、諦めていたのじゃ。

ただ ここは「九州八十八湯めぐり」にエントリーしてて 今年版の情報を見てもフツーに掲載されているし その割には最近の情報はネットでも見ないし、廃業したのか営業しているのか正直判断がつかない状況だったんで 今回の訪問は確認の目的もあったのじゃ。



しかしこの有様はどう見ても営業しているとは思えないし・・・



に、しては車が停まっているのも不自然なんで とりあえずウロウロしていると



道路から海岸に降りたところに「テイエム温泉公園」なる公園があって 牧場の方は廃業したらしいが温泉だけはこの敷地の中で細々と営業していることが判明っ♪



ちなみに「テイエム」とはオーナーのイニシャルらしいが、ココは元々テイエムオペラオーなどのGI馬を育てていた牧場なんだとか。わしは馬のことは全く知らないから そんなことを言われてもピンとこないんだけどな。

競走馬を育てる施設で その馬を洗うために井戸を掘ったら温泉が出た、ということらしいが・・・国道沿いの建物の惨状ぶりではネットで「廃業した」と囁かれても それは仕方の無い話じゃないかなあ・・・

********************

まさかり温泉 / テイエム牧場温泉

鹿児島県垂水市新城4453-1
泉質 :ナトリウム-カルシウム 炭酸水素塩泉 PH6.7 41.8℃
効能 :神経痛・腰痛・肩こりなど
営業時間 :11:00~19:00
料金 :390円

********************



「まさかり海水浴場」に面した手作り感あふれる公園の奥にある「テイエム・・・」とかかれた看板があるのが湯小屋。



 んでもって こちらが受付。



建物は意外と(と言っては失礼かな?)小奇麗。





・・・わしはネットから画像を無断借用するときは できれば公式HP、あるいは市や県などの公的サイトから引っ張って来るんだが この温泉に関しては適当なところを探すのがめんどくさかったんで 垂水市の小さい画像で勘弁していただこう。

Google先生に尋ねるといろいろインパクトの有る画像を見ることができるが、ここの温泉の一番のウリは なんといっても鍾乳洞のごとく湯船をコーティングしまくった芸術品のような析出物だと思う。

あまりに析出物の量が多くてバンバン流しているとすぐにパイプが詰まってしまう、ということで 今は内湯の湯船も半分は空にしてローテーションで使用しているらしい。

昔は風情ある 海に面した露天風呂もあったようだが 桜島から火山灰が飛んでくるということで囲いを増設。それもあって最初はどうだったか知らないが 増築や手直しを繰り返して手作り感あふれる現在の建物の姿に辿り着いたんだろうな。
ちなみに露天風呂は現在は使われずに草に埋もれているらしい・・・(未確認)



お湯は海に垂れ流しなんで この裏の川だけは茶色く濁った水が毒々しく溜まっているな・・・(´ー`)

浴感はどちらかといえばキシキシ系かな?脂分を流してくれるんで湯上りはサッパリ感がのこる良いお湯だと思うぞ。
ぬるめのお湯なんで長く入っていられるが 成分が濃いんで注意しないと湯あたりを起こすかもな・・・

いやいや、なんにせよ温泉巡りをはじめてからこの方ずっと気になっていた「テイエム温泉」に ようやく入れた、ということで感慨も深いぞ。良かった良かった♪

0 件のコメント:

コメントを投稿