コメントについて・・・

GoogleブラウザのChrome推奨。
コメントは投稿者プロフィールを選べば問題ないと思いますが IEで「名前/URL」を選んだ場合 投稿に失敗する確率が高い気がします。
その場合は「匿名」にしてコメント文に名前を記入していただければ幸せます(=゚ω゚)

2017年5月9日

2017GW南九州一人旅① 市房山~湯山温泉・元湯

僕の疲労アカデミア・・・



私が市房山に来た!!



( ´゚Д゚)・;’.、グハッ (←吐血)

・・・と、いうわけで 今回のGW5連休は 今まであまり散策できなかった九州南部、特に鹿児島県の右半分、大隅半島をメインに一人 彷徨ってきたぞッ!!

大隅半島エリアは日本一周の際に先っぽの佐多岬まで行ったんだが、ハッキリ言って何も知らない、下調べもない状態で大隅半島の地図を眺めても このエリアにはそれほどメジャーな観光地は少ないと思う。13年前のわしも単に「先っぽを押さえておかねば」ということで佐多岬を一直線に目指したが 逆に言えば佐多岬しか記憶に残ってないしな・・・(あとは道の駅のメタルかぶと虫のオブジェくらいか・・・)

と、いうことで今回のターゲットは主に3つ。ズバリ、初日の大隅半島に入る前の「市房山」登山、そして最近にわかに人気急上昇の「雄川の滝」、今まで気になりつつも入る機会の無かった秘湯「テイエム牧場温泉」・・・この3つを巡りながら ついでに適当に気になるスポットを探しながら進んでいくことにしたぞ。

5連休のうち4日間ほどの散策だったが さすがにこれだけ時間を掛けるとブログのネタもそこそこゲットできたが 一日一つずつの紹介だと日数も掛かってダラけてしまうんで 適当にまとめながらアップしていく所存じゃ。

***********************



5月2日(火)

仕事が終わったあとに食事と風呂に入り、そそくさと準備を整えて10時すぎに下関のアパートを出発。

高速に乗って人吉ICで降り、そのまま道の駅「錦」に到着して車中泊。

今回は天気予報だと3日4日は快晴、ということだったんで 事前に無料キャンプ場なんかも調べておいたが 蓋を開けてみたら結局6日の午前中まで小雨みたいな天候だったんで 今回は全て車中泊で済ませてしまったな。さすがに雨が降る中を知らない土地でソロキャンプするほどの気合はなかったし・・・

翌日は朝7時前に起床して いよいよ初日のメインイベント、市房山トレッキングへ。



市房山登山の様子はYAMAPのほうにアップしたんで そちらを御覧いただければ幸いじゃ。

YAMAP・市房山登山レポ



さすが「二百名山」に数えられ 難易度も☆3つレベルの山なんで しごかれるだけしごかれて初日からヘロヘロじゃ。

これはさっそく湯治に行かねば・・・(´ー`)

*************************






てなわけで 市房山から下山して筋肉の疲れを取るためにやってきたのは 麓の熊本県水上村に湧き出る名湯、「湯山温泉」の元湯

実はこの温泉、過去にも一度入ったことがあったんだが アルカリ性のいわゆる「美人の湯」という記憶は残っているんだが 特に「これ」といった印象も無く・・・
今回は別のところを探してみても良かったんだが、やはり市房山登山とペアで入る温泉としては筆頭という存在なのは間違いないし 「元湯」という存在もリスペクトしておかねばならんだろう。

************************

湯山温泉・元湯

熊本県球磨郡水上村大字湯山1458-3
泉質 :アルカリ性単純硫黄泉 PH9.82 36.8℃
効能 :美肌効果、神経痛、関節痛、慢性疾患、糖尿病、慢性婦人病など
営業時間 :10:00~20:00(水曜休)
料金 :410円

*************************



浴室内の画像はいつものようにネットからの無断借用で 元湯を運営してい第三セクター会社、株式会社みずかみさんのサイトに掲載されていたものじゃ。

もう前回入った記憶も薄れてきていたが アルカリ単純泉は山口県でもたくさんあるんで当時はこのやわらかいお湯に特に印象もなかったんだろうな。やっぱ若い頃は温泉といえば硫黄のニオイがプンプンするガツンと来るタイプを求めがちだし・・・

改めて入ってみると肌触りも柔らかい素晴らしい一品ということがわかる。このお湯が掛け流しで適温で使われているのが やはり自然の奇跡というか 素晴らしいな。



わしの記憶には露天に入ったイメージが無いんで 当時は気づかなかったんじゃないかな?
サッシ窓の向こうに岩風呂の露天があるんだが 泉質は内湯に比べてこちらのほうがより柔らかく温度もややヌルめ。肌にまとわりつくヌメリも感じるし 硫黄臭もわかりやすいし上品だと思う。

内風呂のほうはジャグジーのような趣向もあるし おそらく加温してあるんじゃないかな?内風呂だけを見ていると 岩風呂の雰囲気はあるが照明も暗めだし 設備的にも清潔感はあるものの スタンダードというか「いかにも最近乱立しているような 町おこし目的で無難に造られた公共の立ち寄り温泉施設」という雰囲気。

ゆえに湯山温泉を味わおうと思えば露天の方を強くオススメするわけだが、たぶん前に来たときは露天に気づかないままで終わってしまったんで これほどの温泉にもかかわらずそれほど印象には残ってなかったんだろうなあ・・・

***********************

さて、先ほどカウントしたら 今回の旅で入浴した温泉施設は4日間で17箇所だったな。

一日1つアップしていっても温泉ネタだけで17日掛かるから 律儀に1日1スポットのアップだと飽きてしまったりネタの鮮度も落ちてしまう危険性もあるんで 他のイベントと絡めるなりして駆け足で紹介していく所存じゃ。

またまた長丁場になると思うが のんびりとお付き合いくださいませませ~~♪

0 件のコメント:

コメントを投稿