コメントについて・・・

GoogleブラウザのChrome推奨。
コメントは投稿者プロフィールを選べば問題ないと思いますが IEで「名前/URL」を選んだ場合 投稿に失敗する確率が高い気がします。
その場合は「匿名」にしてコメント文に名前を記入していただければ幸せます(=゚ω゚)

2017年3月16日

(再録・日本一周記002)2003/06/24・虹ノ松原 霞みまくり

2日目・福岡県朝倉郡杷木町~佐賀県七山村~唐津市~伊万里市


てなわけで昨晩はロードスターの中で不自然な体勢のまま軽く10時間睡眠を取ったあと 昨日は時間の都合で見れなかった「大宰府天満宮」へ。さすがに朝9時前だと参拝客もいなくてゆっくり拝めたな。



ここは菅原道真公を祭ってある学問の神様なわけだが まあ固いことは言わせずに 今回の旅の安全祈願をすることに。賽銭も始終ご縁があるように45円投入。(だから・・・)
そのあと せっかくだから大宰府天満宮宝物殿という資料館で ちょっとしたビデオと刀や巻物などのお宝を貸切で見学。

しかし天満宮では「梅ヶ枝餅」が有名なんだが 参道では右見ても左見てもそればかり売っていたな・・・わしの印象では この餅は大して美味くなかったような記憶があるんだが なかなかどうして 焼きたては美味かったぞ。今まで人からもらった梅ヶ枝餅は ほとんど賞味期限ギリギリで固くなったものばかりだったのかな?

とりあえず福岡はこのくらいでカンベンしておいて 次なる目的地の佐賀県「虹の松原」を目指すことにする。
12時ごろ佐賀県突入。ここでガソリンが少なくなってきたんで給油することに。(わしの車の総距離メーターで62339KM地点・エネオス)

さて 私の所有する地図によると どうやら佐賀市から虹ノ松原のある唐津に向かうには国道323号と203号の2つのルートがあるらしい・・・

で、ここで問題発生。 国道203号を使って行くと 途中に日本100名爆のひとつ「見返りの滝」なるものがあるらしいのだが、片や323号を使うと やはり途中に100名爆「観音の滝」とやらがあるらしいのだ。時間的にも2つを見る余裕もなさそうだし・・・これはどうしたものか。

で、ガソリンを給油するときに店員の兄ちゃんに「あなたはこの2つの滝の どちらが見ごたえがあると思いますか?」という質問をしてみたぞ。その結果 兄ちゃんが「むむむ・・・」としばらく考えたあと 「こっち」と指定した「観音の滝」を見るために 七山村を通るルートに決定。



これが七山村と言うところにある「観音の滝」だ。この写真では迫力は全然伝わらないが さすが100名爆の一つだけのことはあるぞ。山口県内ではこれほどの規模の滝は無いからなあ。(雨の後で水量が増していたんで 尚更だな。)

この滝の上には「観音茶屋」という公営の無料休憩所があって そこのオジサンの話によると「観音の滝」は迫力がある滝で「見返りの滝」は どちらかというと繊細で 落下の高低は観音とは比べ物にならないくらいあるんだとか。
「今の季節はアジサイが咲いていて 見ておいたほうがいいよ」とか言われたが・・・まあ それはまたの機会に。

滝を観た後はこの村にある「鳴神温泉」(アルカリ単純泉らしい)を堪能することに。去年オープンしたばかりの「ななのゆ」という施設で500円払って昨日の寝汗をサッパリ洗い流すことに成功。やっぱ温泉はええのぅ・・・






15時頃、ついに虹ノ松原に到着。昨日の「海の中道」でも思ったんだが こういう松原って どんなに素晴らしいものでも松林を走っている分には全く「写真映り」とか「シャッターチャンス」とかは無縁なことがわかったんで ぐるっと回って「松原が見渡せる展望台」があるという「鏡山」に登ることに。



わしは車でこの松原を端から端まで走らせて その規模に驚嘆したんだが 規模がでかいが故に 霞んじゃって写真では全体像がよくわからんな・・・ま、自然現象には勝てないんで しょうがないだろ。松原はこのくらいにして すぐ傍にある「唐津城」を見学。

ここではPHS電波も64Kでバッチリだったんで ライブカメラで中継したんだが・・・恐らく誰も気がつかなかったんだろうな・・・
アレはホントは時間を決めてやれば一番いいと思うんだが こればっかりはのぅ・・・



この城はなかなかカッチョよかったな。中に入ろうかとも思ったんだが閉門時間が近かったのと入場料をケチってしまったんで 次のスポット「波戸岬」に車を進ませる。
(途中、「立神岩」という夫婦岩を見たが これは今にも崩落しそうで なかなか見ごたえがあったぞ。と、いうかホントに崩落していたんで恐くなってすぐ立ち去ったが。)



友人いしが 『佐賀に行ったら「呼子」に行った方がいいぞ。』と推薦していたんだが わしは呼子という町を全然知らなかったし なにが有名なのかもわかんなかったんで ほんとに「ついで」で行ってみた。

なるほど・・・ここは面白い港町だな。町の雰囲気も面白いが島々が点在していて景色も素晴らしいぞ。
これは「風の見える丘公園(だっけ?)」から見た「呼子大橋」の図。しばしウットリと見入ってしまったが・・・返す返すもガスっているのが残念だな・・・。

このあと「九州最西北端」という「波戸岬」に行ってみたが 肝心の海中展望台は営業時間が終ってしまって しょうがなしに灯台だけ見てきたぞ。写真もちゃんと撮ってきたんだが 例によってモヤっているんで このページでは割愛だな。

代わりに呼子から伊万里に向かう途中の肥前という町で見た「いろは島」の画像でカンベンしてくだされ。



今日は「道の駅:伊万里」で夕食を取って明日に備えることに。どうでもいいけど伊万里市ってとてつもなくでかい町だな・・・町の規模というより面積なんだけど、いくら山を越しても延々伊万里市が続くし・・・

さて、明日はいよいよ長崎入りだなっ!とりあえず見たいところは山ほどあるが 一日で回れるのかな?

今日の一枚・・・
唐津城のある公園から見下ろした「虹ノ松原」。

走行距離254KM
出費金額大宰府天満宮駐車場・・・500円
賽銭・・・45円
宝物殿入場料・・・300円
梅ヶ枝餅一個・・・105円
ガソリン給油(36L)・・・3818円(税込み)
鳴神温泉・・・500円
ロッカー代・・・10円
柚子ジュース500ML・・・200円
唐津城パーキング・・・100円
夕食代・・・966円
食後のお茶(ペットボトル)・・・150円

計6694円

0 件のコメント:

コメントを投稿