コメントについて・・・

GoogleブラウザのChrome推奨。
コメントは投稿者プロフィールを選べば問題ないと思いますが IEで「名前/URL」を選んだ場合 投稿に失敗する確率が高い気がします。
その場合は「匿名」にしてコメント文に名前を記入していただければ幸せます(=゚ω゚)

2014年10月1日

ナチュラルグリーンパークホテル 江汐天然温泉「ひさご湯」

先の江汐公園ソロキャンプでは公園内にある宿泊施設、「ナチュラルグリーンパークホテル」の温泉施設を利用したんで ちょっとメモ代わりに書いておこう。



ナチュラルグリーンパークホテル(以下、略してNGPホテル)は 江汐公園の一番奥に位置している。
ゆえにキャンプ場からでは数分ほど歩いていくわけだが キャンプ利用の人でなければ正面から車で普通にアクセスできるはずじゃ。



橋を渡って・・・



公園側からみたNGPホテルはこんな感じ。

フロントで700円払って 温泉施設のある2階へ。



浴室はこんな感じで メインの浴槽が一つと洗い場が在るシンプルな作り。ちなみにボタンを押せばジェットとジャグジーが楽しめるギミックが付いている。

大きく取られた窓からは公園内を見下ろすことが出来るが、この窓ガラスは内側から外は見えるが外から中は見えないように特殊加工しているんだとか。 ただし近づきすぎると見えてしまうようなんで 間違っても油断して局部を窓ガラスに押し付けるような真似はしないように。(普通の人はそんなプレイはしないと思うが・・・)

さすがホテルの施設だけあって アメニティの類はしっかりしているし、休憩室なんかも提供されている。 ウオーキングやキャンプなど 公園で汗をかいたあとにサッパリするにはいいと思うが サウナなしで700円と言う強気の価格設定は・・・

基本的にココはゴルフなどの目的でやってきた宿泊客のための施設なんで 外来対応は立地している場所が公園ゆえのホテルのサービスの一環、と思ったほうが良かろう。

お湯はツルツル系のナトリウム泉だが、特徴は余りないし、700円払うのなら車で数キロ離れたところにある「楠こもれびの郷」のくすくすの湯のほうが満足度は高いんじゃないのか?・・・というのが正直な感想じゃ。

*********************

MEMO

ナチュラルグリーンパーク 江汐湖温泉「ひさご湯」
山陽小野田市千崎東128

泉質: ナトリウム-塩化物冷鉱泉 PH8.32 17.6℃
効能: 火傷・切り傷・皮膚炎・消化器病・胃腸炎など
営業時間: 15:00(土日祝13:00)~18:00
料金: 700円


**********************

ここは平成20年に「いこいの村 江汐」が権利を民間に譲渡してリニューアルされたもので 「ひさご湯」は現在計画中の本格的な日帰り入浴施設が出来るまでの仮措置だと聞いているが、、、

ホントにそんな計画が進んでいるのか、最近は全く噂を聞かないんで ちょっと怪しいところがあるんだよなあ・・・(-_-;)

2 件のコメント:

  1. BARA師匠、今晩は!!
    最近のブログネタに合わせた感想です(笑)
    >設営時等に車の乗り入れOKなキャンプ場といえば二川もですが、私が利用してた時は管理人のおっちゃんが「車横付けでええよ~」とおっしゃられた為、後程車を取りに行きました。やはりセキュリティー面は気になりますよね。
    直火禁止は兎も角火の元には気を使うところですが、私的にかまどは・・・・・・ちょっとゲンナリかなー(風情的な観点ですが)
    >>浴室から外の風景が見えるのは良いですね~ヽ(´ー`)ノ思わず、局部を窓ガラスに押し付けたくな・・・・・・いえ、なんでもないです(笑)

    返信削除
  2. 乗り入れは出来るに越したことはないと思うんですが オートキャンプ場のように駐車場でキャンプをするような環境は好みに合わないし、やはり適度に治安が確認できる程度の距離に置ければ理想です。江汐公園は二川のような田舎ではなく街の中の公園と言うことを考えると やはり怖いのはクマやマムシよりヤンキーですね。

    キャンプの醍醐味の一つが焚き火だと思っているんで その点は善処・再考を願いたいですね・・・記事とは関係ないコメントになってしまいましたが。

    返信削除