コメントについて・・・

GoogleブラウザのChrome推奨。
コメントは投稿者プロフィールを選べば問題ないと思いますが IEで「名前/URL」を選んだ場合 投稿に失敗する確率が高い気がします。
その場合は「匿名」にしてコメント文に名前を記入していただければ幸せます(=゚ω゚)

2016年11月23日

幸せのハート銀杏@阿武町

週の半ばの勤労感謝の日・・・

今日は特に何をするという予定もなかったんだが、天気予報の降水確率も日中は低そうだったんで、ちょっと実家に帰って萩周辺の紅葉巡りを決行してきたぞっ!なんだかんだで今日を逃しては地元の紅葉を追っかける時間もなさそうだったんでなっ!

まずは長門の紅葉の名所、大寧寺



ここは先週くらいがちょうどピークと言う話を聞いていて 先の日曜日にTARO先生が訪問したときには既に終わっていた、と言う話は聞いていたんだが・・・まあ、いちおう定番は抑えておかないとな。





う~ん、確かに終わってるな・・・ (-。- )







一部 まだ残っている葉っぱもあったが やはり昨日から今朝にかけての雨がトドメを刺したんだろうなあ。けっこう風も強かったし。



大寧寺が終わっている、ということは当然のことながら



大寧寺より少し俵山寄りの こちらも紅葉の名所の西念寺

こっちは大寧寺とは比べ物にならないくらい悲惨な状態で もう撮る気も失せてしまったんでこの一枚のみじゃ。



続いて さらに俵山方面にちょっと進んだところにある銀杏の名所、能満寺



樹木のほうは左側が半分くらい、右側はほぼ全滅だったが、落ち葉の鮮度がまだ残っていたんで下の方ばかりを撮っておいたが・・・まあ、こんなもんだろうな。

今年は紅葉の時期が読めない、と11月はじめに言っていたが 気がつけばあっという間にシーズンも終わってしまったなあ、、、

**************************





さて、昼からは天気も晴れ間が見えてきたんで 別の紅葉スポットを鑑賞すべく、TARO先生と合流して阿武町へ。

ここに「ハートのイチョウ」なる名所がある、という情報を前々から聞いていて 今回はその確認をする、というのが本日 萩に戻った第一の目的だったのじゃ♪



いちおうGoogle Mapでもハートの形を確認できる、ということらしいが 紅葉の時期以外だと住所を知らずに探すのは無理だろうな・・・



阿武町の駅から国道を海側に進み、外海栽培センター手前の「土」という集落に そのハートはあるらしい・・・って、確かにハートが山肌に浮かび上がっているな。

今まで何度かこのエリアには来ているが やっぱ紅葉時期で無いと判んないよなあ・・・



このハートの形をしたイチョウは「ナニコレ珍百景」でも紹介されたらしいが、わしは番組を見ていなかったんで 存在を知ったのは今年に入ってからだったりする。

なんでもこの山の所有者が母親に感謝の意を伝えるために 山一面にイチョウを植えたんだが、ハートの形になる部分だけが成長して 偶然出来上がったものなんだとか。

イチョウを植えたのが30年ほど前のことらしいが、想像だが山一面を黄色にして「幸せの黄色いハンカチ」にあやかろうとしたのかもしれないな。
でもハートの形になったのも 単に偶然と言うより何らかの願いが通じたのかもしれないが そうなると判っていたらイチョウより赤くなるモミジやカエデを植えてもらったほうが面白かったかも・・・




さっそくTARO先生がドローンをスタンバイさせて ハートイチョウの全貌を確認すべく、「ドローン調査隊」の出動じゃ!!



おぉ~・・・ヽ(´ー`)ノ



田んぼアートと言うのは良く聞くが 「山アート」は時間が掛かるパフォーマンスだよなあ・・・野生種のイメージが無いイチョウを山一面に植林することの是非はともかく、年がら年中青々としている緑の砂漠の杉ヒノキの植林よりは良いんじゃないかな?

たぶん町おこしをしてやろうとか これを観光地に、という野心は無かったと思うが こういう感じで名所を作るのも一つの手かもしれないな。あくまで自然林を切り開いて造るのではなく 手入れの出来ない荒れ果てた杉・ヒノキ植林地を利用して、という前提だが。

*************************

てなわけで 阿武町の新名所・ハートのイチョウの全貌はこんな感じだが、そういえば毎年恒例になっていた大分の国東半島も 今年は訪問する予定が全く立たないし、今年の紅葉めぐりはこれで打ち止めだろうな。

やれやれじゃ・・・ふぅ・・・

2 件のコメント:

  1. ヒデ爺
    バラさんおはようございます。
    寒い朝ですが、ワン助にせがまれていつもの朝散歩、まだ意外と暖かいですね。

    地元の紅葉散策レポ有難うございます。
    「長門の紅葉の名所、大寧寺」~バラさんに教えて頂いてから何度か伺いました~
    境内を歩いて、本堂へお参りをした後は、いつも奥のほうにある真新しいお狐さまのお社が気になってお参りをしています~とりつかれているのかな
    帰り道は川沿いのお地蔵さんにご挨拶して帰るのがコースになっています。
    お寺というと、少し重苦しいイメージがありますが、肌に合っているのか大寧寺に伺うと気持ちが軽くなってすがすがしい気持ちになれるような気がします。

    ドローンをやっている、とおーーーい友人によるとタロー先生のように空撮がきちんとできるようになるには何台も壊してかなりの投資をしたとの事、今のドローンさんは何代目様?

    返信削除
  2. 追伸
    ヒデ爺
    福岡県内も、まだ紅葉が残っている可能性があるのは秋月城跡位
    気が向いたら、日曜日に様子を見に行ってこようと思っています。

    返信削除