コメントについて・・・

GoogleブラウザのChrome推奨。
コメントは投稿者プロフィールを選べば問題ないと思いますが IEで「名前/URL」を選んだ場合 投稿に失敗する確率が高い気がします。
その場合は「匿名」にしてコメント文に名前を記入していただければ幸せます(=゚ω゚)

2016年12月26日

立花山~三日月山縦走!!(立花山編)

12月に入ってからずっとコタツに胡坐をかいて座っているからだろうか?ここんとこ膝の調子がイマイチ悪くて 正直 登山に出向くのもちょっとオッカナビックリ気味だったりするんだが・・・



それでも折角の晴天の三連休最終日、何もしないと言うわけにもいかないし、いいかげん体も少しは動かしておかないと、という強迫観念というか罪悪感と言うか そういうのもあるんで 「近場で簡単に登れる低山」ということを考慮して今日は福岡市と新宮町の境に聳える「立花山」などにトレッキングに出向いてきたぞっ!!



立花山は「県別登山ガイド・福岡県」のエントリー№1として紹介されている山で 標高は367M[という低山だが、福岡市街地が一望できる大パノラマと天然記念物のクスノキ原生林、そして中世の山城・立花城の遺構など なにげに見所が多い市民憩いの場として人気があるんだそうな。



登山口はあっちこっちにあって整備もしっかりされているんだが 今回はガイド本に載っていた立花口集落のみかん畑麓からスタート。高速の古賀SAはしょっちゅう利用するんだが古賀ICから降りたことってそういえば初めてかな・・・

さて、いよいよ登山開始・・・と、ここで突然予期せぬトラブルが。
下関を出発する前にいちおう念のためにトイレにこもって用便にトライしてみたが まったく出る気配がなくてそのままココまで来たものの、急に腸内活動が活発化してしまったのだ。

このまま登山に挑戦するのはちょっと不安要素が多いし、人気のある山だけに 途中我慢ができなくなってもコソコソっと雉撃ちをする場所も無かろう・・・



駐車場に「用便は近くの六所神社で済ませておけ」みたいなことが書かれていたんで 600Mほど離れた六所神社の公衆便所へGO!

神社の公衆トイレなんて落ち着いて用を足せるかどうか不安だったが、コチラのトイレはちゃんとした水洗でトイレットペーパーも完備。思いのほか好成果を導き出すことに成功して心も体もスッキリさせていただいたぞ♪



ちなみにこの六所神社も登山口になっていて数台の駐車が可能。
神社そのものも集落の産土神さまで 立花山城と深いかかわりがあって当時の武士が戦勝祈願をしたという記録も有るんだそうな。



なんか庚申様がズラズラと並んでいらっしゃるが・・・



ここは境内にあるカゴノキが天然記念物になっているらしいんで ちょっと見学だけして、と・・・



*******************





それでは気を取り直して登山開始ッ!!



と、駐車場から50Mも歩けば 真新しい公衆トイレが建てられているのを発見・・・
そうと知ってればわざわざ車を走らせて六所神社まで行くこともなかったような気もするが 出してしまったものは仕方なかろう (-。- )



登山ルートはそのトイレの前のみかん畑の間を進んでいくんだが、看板がしっかり設置されているんで迷うことは無い。



ここからが本格的な登山道になるんだが 行程はだいたい1,200m程度、頂上までは1時間くらいかな?



遊歩道はしっかりしているし 特に危険な箇所もキツイ箇所も無い様じゃ。
ただ 例によってメタボで普段動かさない老体を引きずって登ると すぐに息が切れてしまうのが悲しいけどな・・・



頂上まで800m地点にある「ナギの大木」とやら。
ちょっと見えにくいし確認は出来てないが この樹の後方にもっと大きな幹の一品が聳えていたんで もしかしたらそっちがそうなのか?とも思ったが、、、

ナギの樹の場合 標準でどのくらいのものを「巨木」というのか良くわからないからアレだが・・・

このナギの樹の手前に「修験坊の滝」へのルートが延びていて その滝がどんなものか気にはなったんだが 帰りに体力が残っていれば確認するとして 登りではとりあえずガイド本どおりにまず頂上を目指して進むことにしよう。



どう見ても沢水なんで飲む勇気の無かった水場を越えて・・・



ちゃんと木段が敷かれていて歩き易いルートを進む。



けっこうでっかいクスノキが現れて「おお~っ」と喜んでしまったが 実はココから先が「クスノキ原生林」エリアになってくるんで 正直この程度のクスノキはゴロゴロ見るようになるぞ。



クスノキ原生林と山頂方面への分岐となるスポット、「屏風岩」

今回は隣の三日月山まで縦走してピストンで戻ってくる予定なんで 原生林は帰りのルートで通ることにして 先に頂上へ向かおう。



昔の立花城の用水である古井戸の遺構があるらしいが 今回はパスして、と・・・



「夫婦杉」

とりあえず樹木が二本並んでいれば縁結びの神様扱いされて賽銭箱なんかも置かれてしまうんだな・・・ (-。- ) (拝んだけど)



立花山は7つの峰から成り立っているそうだが、ここは松尾岳、白岳方面への分岐。これを通り過ぎてしばらく進むと・・・



いよいよ立花山 山頂(367.1m)へ到着じゃ!!



ほぅ!(・∀・)



眼下に福岡市街地、そして海ノ中道、博多湾、玄界灘のみごとな絶景じゃ!!

https://theta360.com/s/aWxcpaK3Q8u2mLqND7RGJPhg4





**************************

ミカンを食って一服したところで さっさと三日月山に向かって山ラーを食わねばなるまい・・・

てなわけで 縦走の様子は次回に引っ張るぞっ!

続くッ!!( ゚Д゚)クワッ

0 件のコメント:

コメントを投稿