コメントについて・・・

GoogleブラウザのChrome推奨。
コメントは投稿者プロフィールを選べば問題ないと思いますが IEで「名前/URL」を選んだ場合 投稿に失敗する確率が高い気がします。
その場合は「匿名」にしてコメント文に名前を記入していただければ幸せます(=゚ω゚)

2016年1月28日

CS トレッカー ジュラルミンロールテーブル

あ~、ブログのネタが無い・・・(´□`)

てなわけで 先に購入した回転焼器以外のアイテムを小出ししていこうかと思うわけだが まずはコチラッ!!



鹿番長こと、キャプテンスタッグ謹製、トレッカージュラルミンロールテーブルじゃ!!(゚Д゚)クワッ

名前の通り、トレッカー向けの天板がロール仕様でコンパクトに収納できる ジュラルミン製のテーブルなんだが 名前にヒネリはないぞっ!!

トレッキングで持ち運びができる 軽量のテーブルは各社が出しているが キャプテンスタッグブランドでは「鹿番長の例のアレ」と呼ばれるほどド定番の「コンパクトロールテーブル」というのがあって、わしも当然 他メーカーだが類似品は持っているわけだ。

ただ、これは高さがない、ということと 面積はどうしてもA4サイズ程度、という弱点があるわけだ。

で、もう少し有効面積や 見た目のオシャレ感を求めた結果 ポチってしまったんだが、他メーカーの多くが天板が布にテンションを付けたものに対して こちらはジュラルミン製となっているのが大きな特徴じゃ。

ソロキャンプにおいて テーブルに何を載せるか?と言われれば コーヒーカップ、バーナー、ランタンが三大アイテムだと思うが どれも安定性が求められるものなんで 布テーブルだと いくらメーカーが「大丈夫」といっても やはり心配は付きまとうんで ちょっと値は張るがこいつをチョイスしたのじゃ。



専用の収納袋にコンパクトに収まって 重量は実測で970g。ほぼ1キロか・・・



パーツごとに分解されているが 説明書を見なくてもなんとか組み立てられる構造になっている。



で、これが完成形。(注:飲みかけの爽健美茶は付属しておりません)

黒いカラーも渋くてなかなか良いんじゃないかな?(´ー`) アルミ無垢のほうが擦り傷が目立たたなかったり バーナーなどの熱源と接触したときに変色はないと思うが、まあ そのあたりは使ってみての判断になろうな。

まあ、正直言えば トレッキングで使うなら そんなに置くものもないだろうし 重量やコンパクト性も考慮すればフツーのコンパクトテーブルのほうが良いと思う。基本 岩の上かシートの上にベタ座りになるだろうから 高さも無いほうがいいだろうしな。

てなわけで このテーブルもトレッキングに持ち出すこともないだろうし 基本的にはソロキャンプでの使用を第一に考えているわけだ。

わしの理想はバックパックは別として ソロキャンプでは「トートバッグ1つですべての荷物が収まる 無駄がなく機動性の高い」スタイルなんだが、そもそも「無駄を極限まで絞る」ことを考えれば テーブルそのものが不要、という矛盾もないではないんだが・・・

ま、参考にはならないとは思うが 欲しかったから買った、ただそれだけのことじゃ!!ひぃっ!!

0 件のコメント:

コメントを投稿