コメントについて・・・

GoogleブラウザのChrome推奨。
コメントは投稿者プロフィールを選べば問題ないと思いますが IEで「名前/URL」を選んだ場合 投稿に失敗する確率が高い気がします。
その場合は「匿名」にしてコメント文に名前を記入していただければ幸せます(=゚ω゚)

2014年11月27日

津波戸山トレッキング② 西尾根ルート




いよいよ岩稜歩きも本格的になっていく西尾根ルート。 
点在している石仏に手を合わせながら登っていくぞ♪



岩に掛かる無明橋。
長さは2Mくらいで渡ることはそれほど怖くは無いが 渡った後のほうが居場所が狭くて恐ろしいぞ・・・(-_-;)



さらにどんどん登っていくと・・・





大岩をクリアして 一旦谷底に降りていく。



大岩を降りる鎖場はこんな感じ。
足の置き場が無くて しばらくどうやって進めばいいのか考えてしまったぞ・・・



いちおう 足を引っ掛けられるように 岩にくぼみが付けられているが、岩がハングしているから上からは見えなかったわけだな・・・

こういう鎖場を進む場合は できるだけ鎖やロープに体重を掛けないようにするのが基本だと思っているが とてもそうは言ってられないような場所ばかりじゃ。

とりあえず何があっても鎖から手を離さないように心がけないと 足を滑らせて転落してしまうと そこでTHE ENDじゃ。



なんとか大岩をクリアして 次に進むぞっ!

*********************







岩稜がギザギザなんで けっこう上り下りが激しいぞ。



針ノ耳

狭い岩の隙間をくぐる いわゆる胎内くぐりなんだが、穴の大きさは余裕があるものの 穴そのものが鎖場になっているのがミソだな・・・

ちなみにこの画像は横からじゃなくて 穴を上から見て撮影した絵じゃ。



ふたたび岩の上に出てきて 絶景ハイクじゃ。



先ほど わしが苦労した大岩裏の鎖場から山ガールのキャーキャーという悲鳴が聞こえてくるぞ・・・確かにわしでも怖かったから婦女子にはキツイかもなあ。

楽しそうな声が断末魔に変わらなければ良いんだが・・・






足元が・・・(-_-;)

徐々に山頂も近くなってくるが この尾根を登りきったところで西尾根から一旦 谷のゴルジュエリアに降りていくルートとなる。



てなわけで津波戸山山頂まで もうちょっと続くぞっ!

0 件のコメント:

コメントを投稿