コメントについて・・・

GoogleブラウザのChrome推奨。
コメントは投稿者プロフィールを選べば問題ないと思いますが IEで「名前/URL」を選んだ場合 投稿に失敗する確率が高い気がします。
その場合は「匿名」にしてコメント文に名前を記入していただければ幸せます(=゚ω゚)

2015年4月3日

ソロキャンプ@石見海浜公園

トレッキングと温泉を堪能して 今宵の野営地にチョイスしたのは浜田市の石見海浜公園



浜田市と江津市にまたがる長さ5.5キロと言う広大な海岸線を利用した市営の公園で 海水浴はもちろん、テニス場や自然散策道なんかもある充実施設を誇っている。

キャンプ場はオートサイトと昔ながらのフリーサイトがあって わしが利用したのは当然フリーサイト。事務局で手続きをすれば無料で野営が出来る、という太っ腹な施設だったりするぞ。



ただ、フリーサイトは車の乗り入れが出来ないんで 駐車場から100M~200Mくらいは荷物を持って歩いてこなければならない。

ゆえに家族キャンパーやチャラチャラした若者グループはそれなりの金を払ってオートサイトへ行って こちらには自転車やバイクのツーリストのような荷物の少ないグループや静けさを求めるためには労力をいとわないストイックなグループ、あるいはわしのような(金の無い)孤高のキャンパーが ふるいにかけられるように選別されて集まってくるわけだ・・・



荷物の運搬には 事務局に申請すればリアカーが貸し出されるが、わしはミスターマックスで何百円かで購入したコロ車にトートバッグを括りつけて運ぶことに。

ここでは「トートバッグ一つで全ての荷物を収める」という制限をかけてミニマムキャンプに挑戦しようと思っている。 

車が横付けできると確かに便利なんだが どうしても無駄な荷物が増えてソロキャンプの美学に反するような気がするのだ。まあ実際は焚き火用の薪を持込むだけで一往復してしまったから理想には少し届かなかったが 登山キャンプの「バックパック一つで衣食住をまかなう」というような制限が無ければ やはり「あれもこれも」と要らぬ気遣いが起こって 「ミニマムキャンプ」「男の野営」の理想の姿からはかけ離れてしまうからなあ(´ー`)



木製のテーブルベンチが置かれていたんで それを利用してタープとテントを設営してサイト完成!
こういう写真を撮る場合でも 傍に車やリアカーがあると興ざめしてしまう部分もあるんで やはりコソッと隠せるキャリーで運ぶのが粋だな(´ー`)



いやいや、こうやって見ると やっぱスピットファイアはカッチョええのぅ・・・(´ー`)

*****************************







こちらはシャワー&トイレ棟と 右側に炊事棟。この石見海浜公園は適当な間隔でトイレと炊事場が確保されているから トイレと水という2大懸念事項は十分クリアしている。

炊事棟の前にはソロキャンパーが陣取っていたが この日のフリーサイト利用者は わしを含めソロテントが5つとファミリーらしきグループが一組。



海を臨むサイトでは横浜から自転車で来たという人がテントを張っていたが やはりバイク乗りなんかの無料キャンプ地フリークには それなりに知られた存在らしい。



土地勘がないと食材を購入するスーパーを探すのも戸惑うかと思うが、とりあえず浜田市街でスーパーを見つけたんで 夕方で値引きされた肉などを買ってきて ディナーは一人焼肉&一人焼き鳥&一人デザートなど♪

今回の失敗は 持込んだ薪と浜田で購入した木炭が やたら爆ぜる一品だったこと。

グルキャンであれば焚き火台もそれなりの大きさで 焚き火からの距離もそれなりに離れているが ソロの場合 焚き火台は小さいし、わしの場合はチェアも小さい。 
焼き物やヤカンの湯などを一人で管理するから熱源との距離も短いし、そういう状態で木炭や焚き火が爆ぜまくると危ないし全然落ち着かないんで 焚き火は一時間くらい楽しんでサッサと片付けてしまったぞ。

**************************



ソロキャンプの場合 何もすることがないと夜は早いし それに連動して朝も早くなる。 ましてやテントの中で寝ていると 日の出と同時に行動を始めることも珍しくないぞ。



こちらはケビン村の様子。

グループで借りれば一人当たり1000円くらいだろうから利用価値は高そうだが、夏のシーズンなんかに借りようと思えば何ヶ月前からの予約が必要なのか判んないぞ・・・



あと、早朝散歩をしてて気付いたんだが この公園は思いのほか野鳥が多くて それ目当ての鳥ウォッチャーもけっこう居るみたいだ。

今回 設営したのは海側の森の傍だったが、公園エリアで位置を考えて設営すれば テントに潜みつつ鳥観察、というのも 面白そうでいいかもな。ケビン村近くだとアウトドア女子の観察もできるかもしれないし・・・(←犯罪・・・)



こういう昔ながらのサイトは好き嫌いもあるだろうが 教育目的という意味も考えれば わしはファミリーキャンパーこそフリーサイトを使うべきだ、と 強く思うわけだ・・・まあ、無理強いはしないがな。

車で20分も走れば名湯・有福温泉もあるし 高速インター近くには旭や美又温泉、国道191号でのアクセスなら浜田のコア温泉、大田の温泉津なんかもある。
なにげにわしのお気に入りの野営スポットなんで 今後も島根方面のトレッキングの際には利用していきたいぞ。

ふっふ~♪

0 件のコメント:

コメントを投稿