コメントについて・・・

GoogleブラウザのChrome推奨。
コメントは投稿者プロフィールを選べば問題ないと思いますが IEで「名前/URL」を選んだ場合 投稿に失敗する確率が高い気がします。
その場合は「匿名」にしてコメント文に名前を記入していただければ幸せます(=゚ω゚)

2015年5月6日

深坂自然の森キャンプ場

「グッドモーニング!ドロンジョ」のドロンジョ様の声にも慣れてきた今日この頃、皆様いかがお過ごしでしょうか?

早いものでGWも終了してしまったが、3日から6日にかけて4日間、今年は山登りを絡めて宮崎県まで遠征してきたぞっ! 風邪気味なのを押して無理やり挑んできたが、いやぁ、さすがに疲れたしヘロヘロじゃ・・・

・・・そんな宮崎旅行記ネタは おそらく2週間は引っ張れるくらい仕込んできたが、時系列順に書いていかないと忘れそうなんで 今日はGW前の4月第4週に仲間内で行ったキャンプのレポートをお送りしよう。場所はわしのアパートからも程近い、「深坂自然の森キャンプ場」じゃ!!



蓋井島から本土に戻り、やって来ましたコチラが深坂自然の森キャンプ場。

この土日はちょうど「アースディ関門2015」なるイベントが行われていて、なんでも1万人以上が参加するビッグイベントということで 想像を絶する混雑振りだったぞ・・・



実は今回 こーゆーイベントがあることを知ったのは木曜日で、念のためイベント期間中でもキャンプが可能かどうか 事前に問い合わせたんだが、「会場となっているのはキャンプ場の一部ですから そこを使わなければ大丈夫ですよ~」という返事を貰っていたし、事前に予約まで薦められていたんで全然気にしてなかったんだが・・・

ハッキリ言えば こっちがいろいろ気を使ってしまったんで そういうイベントがあるのなら最初から「一般のキャンプは不可」にしてもらいたかったぞ。



ま、それはともかく、こちらが深坂自然の森のキャンプサイト入り口。

管理棟「森の家」で大人一人150円(安っ!)払って 入場許可証を貰えば設営のときだけ自動車の進入が許されるぞ♪



********************************************





深坂自然の森キャンプ場は自然林を利用した広大なキャンプ場で、ほとんどが林間サイトで要所要所に木製テーブル・ベンチ・かまどなどが配備されている 昔ながらの教育目的の林間キャンプが楽しめる施設。 



上を走る道路からは植林しか見えないが 中に入ると常緑広葉樹の良い雰囲気の自然林。公営ならではの格安の料金だが、今風のオートキャンプとは一線を画す 実にわし好みの施設なんだが・・・



こーゆーイベント日はともかく、普段はそんなに利用客も居ないんで 夜はかなり淋しい環境になるからソロで使うには勇気が要るかな?実際 前に管理の方に聞いたんだが、とあるソロキャンパーが夜中のあまりの淋しさに怖くなって逃げ出した、という話もあるらしい・・・



こちらはいくつかのサイトが固まっている広場サイト。
ボーイスカウトや林間学校などの大人数の時に使うんだろうが 沢水が流れ込んでいるポイントがあって やや湿っぽいかも。



公営なんで贅沢装備とはいかないが 最低限必要な設備は完備されている。こちらは炊事棟。



生水は飲めないらしいが上水ではないのかな?



コチラはトイレ。



和式水洗で 我々からしてみれば これ以上何を望むかと言うレベル。



夕方になって土曜日のイベントが終わるのを待って、我々が設営したのは「中営火場」前の39~41番サイト。



サイト見取り図で言うと 左下のオレンジの円が営火場で その隣という位置関係じゃ。
すぐ傍に川が流れているが、夏場になるとアブとかブヨが発生するのかどうか気になるな・・・間違いなく蛇は出るだろうけど。(というか すでに活動していたし・・・)



土曜日はロードバイクのイベント広場になっていたが 翌日はゲートボールかなにかの会場になっていて 早朝から追い出されるハメになろうとは夢にも思わなかったけどな・・・



このサイトの裏は山の地形を生かしたロードバイクコースとなっている。





林間サイトということは事前にわかっていたんで 今回はヘネシーハンモックでサクッと設営。
夜は放射冷却もあって割と冷え込んだが、想定内・・・いや、それよりやや寒かったかな・・・



TARO先生と友人いしはいつものテント。



テーブルの上にタープを張って ディナーはシェフ・TARO先生に任せて わしといしは飲んだくれて待つことに・・・



で、今回のメニューは 先のイベントで買ってきた尾道ラーメン、その名も「たまゆらーめん」・・・



酒のつまみはTARO特製アヒージョ。 残り油は翌日のパンのお供に流用じゃ。



大量のアサリをトッピングした「たまゆらーめん」を堪能しながら 例によってオッサン3人がとりとめのない話をしながら夜は更けていく・・・



ちなみに森林サイトなんで その気になれば薪は持込まなくてもOK。
ただし 雨後などは湿気ている可能性があるし 案外と手入れが行き届いているから落ちている小枝も生木が多いことは確かなんで 炊事などで薪を使う場合は事前に用意するのが吉じゃ。

***********************



早朝から日曜日のイベントのためにやってきたグループのオッサンに「準備があるから早めに出て行ってくれ」みたいなことを言われて そそくさと退散することに・・・

「いちおう管理事務所から許可を取っているんですが」といっても話がかみ合わなくて 結局 事務局はイベントの主催者じゃないから「申請があれば認める」という基本スタンスで細かいところは感知してない感じだったな・・・

わし的には近いし 雰囲気もいいし なかなか面白い施設だと思ったんだが、こーゆーイベント時には注意されたほうが良かろう、ということだけ言って 深坂自然の森キャンプ場のレポはこんなところじゃ!

まあ、また利用することもあろうが、夏場の虫環境は気になるところだな・・・カブトムシ関係は案外と期待できそうだが、大人になるとそれ以上に蚊やアブ・ブヨ関係の害虫関係のほうが重要だしなあ・・・
くふぅ・・・

0 件のコメント:

コメントを投稿