コメントについて・・・

GoogleブラウザのChrome推奨。
旧ホームページよりの再録記事について・・・山口県の滝情報は「【蔵出し】滝コンテンツ」、日本一周記は「【2003年日本一周記】まとめページ」を右サイドcategoryより選んでください。
コメント投稿は失敗しやすいので うまく投稿できない場合は「匿名」を選び コメント文に名前を記入していただければ幸せます(=゚ω゚)

2021年2月1日

久しぶりの仁保重石と滑滝

ども、最近「めるる」がちょっといいな、と思っている55歳のオッサンです(´・ω・)ノシ

あぁ、わしがもう30ほど若ければのぅ・・・(若くなったとしてもどうにもならんとは気づいているが)

**********************

それはともかく、1月最後の日曜日・・・

天気予報によれば快晴で しかも風予報も特に注意報も出てなく穏やかな一日らしい。

と、いうことで 今回はドローンなどを持って かなり久しぶりになるが山口市の仁保「重石の滝」まで出向いてきたぞッ!

過去のアーカイブによれば前回「重石」を訪問したのは2014年。なんだかんだで6年以上も訪問してなかったんだな・・・(・ω・)

以前 ドローンで空撮した「地倉沼」もそうだが、この「重石の滝」も 「ドローンを購入したら飛ばしてみたいところ」リストの中の一つだったのじゃ!

仁保の「重石」は「犬鳴の滝」とならび「仁保三景」の一つに数えられている景勝地。ちなみに三景のあと一つが何なのか、、、わしは「一貫野の滝」あたりではないかと睨んでいるが いくらググッても全然わからないんで 知っている人が居たら教えてほしいぞ。

*********************

さて、「重石」は仁保の蕎麦が岳の「重石コース」の途中に存在している。

この「重石コース」登山道へのルートなんだが、前回2014年の訪問記に書いているんで そちらを参考にしていただいて・・・

今回やってきて驚いたんだが、おそらく砂防ダムのメンテ作業のためだと思うが道がきれいに整備されていて 登山道入口付近まで車で楽々来れるようになっていたな。

ただ、未舗装なのは変わりないんで 普通車程度なら問題ないが車高の低い車では厳しいかも。で、上の沢を超える白い橋(以前は黄色い橋だったが 掛けなおされたようじゃ)手前にちょっとしたスペースがあるんで ここに駐車可能。

ちなみにこの白い橋は軽自動車であれば左右10センチ程度の余裕があって進むことができるが、橋から100Mほど進んだところで行き止まりになって駐車スペースがないし反転する場所もないんで そのままバックで橋を渡ることになるから進まないほうがいいぞ。(←ちょっと四苦八苦したらしい・・・)

橋を渡って数十メートル進んだところ、砂防ダム手前で蕎麦が岳の登山コース分岐に到着。すぐ横に沢が見えるが 重石は一山超えたところにあるんで これは左にとって登らないといけないぞ。

そういえば看板も新しくなっているな・・・

ココから先はまごうことなき登山道なんで ちゃんとした靴を推奨。

以前は羊歯の藪をかき分けて進んでいたが すっかりきれいに払われている。

************************


10分くらいヒーヒー言いながらの登れば登山道と重石との分岐が。ここまでくれば重石までもう少し。

重石の真上に到着~♪

重石の上は滑滝の展望台になっているぞ。

こちらが通称「重石の滝」

推定だが落差は70M。長さは100Mくらいありそうだな。水量は乏しいが おそらく県下でも最大級の滝の一つだと思うぞ。

例によって360度の画像などを置いておくんで マウスでぐりぐりしてくだされ。

************************

さて、この重石から下の沢に降りるために以前は半分朽ちかけたロープが付けられていたんだが、これもココ最近 新しく張り替えられたようじゃ。これで安心して下まで降りられ・・・いや、けっこうな落差と急斜面だから注意して降りよう。

これを踏みつけて乗り越えていくらしい・・・大丈夫かいな?

んでコチラが仁保三景の一つ、「重石」。高さはよくわからないが30Mくらいあるんじゃないか?

で、こちらが重石の滝、流れが弱いんで滝つぼのようなものはないが 重石傍から上を見上げた様子。

滝のメイン部分としてはここが一番下だが、沢そのものはまだ延々続いているから「ナメ滝」全体としてみればどのくらいの長さがあるのか・・・

では ここに来た目的でもあるドローンによる空撮など・・・

狭い谷状になっているんでGPSの入りが悪いな・・・


BGMを付けているんで音量注意じゃ

ふぅ・・・

0 件のコメント:

コメントを投稿