コメントについて・・・

GoogleブラウザのChrome推奨。
コメントは投稿者プロフィールを選べば問題ないと思いますが IEで「名前/URL」を選んだ場合 投稿に失敗する確率が高い気がします。
その場合は「匿名」にしてコメント文に名前を記入していただければ幸せます(=゚ω゚)

2019年1月20日

安芸の江田島へ!⑥~天然温泉くらはし・桂浜温泉館

江田島市の散策も予定していたスポットは一通り回ったんで 最後に隣の倉橋島に渡って温泉を堪能することに。(「予定していた」と言っても 当初考えていたのは江田島の「シーサイド温泉のうみ」と倉橋の温泉の2箇所だけだったんだけどな)


倉橋島は陸路で江田島市にわたる際に 必然的に立ち寄る島なんだが、ネットや観光案内図で調べても正直、インパクトのある観光スポットと言うのはあまり判んなかったな・・・(´・ω・`)

で、とりあえず温泉のある島の南側、「桂浜」へ向かうことにしたんだが、ここにある桂浜神社の拝殿は国指定重要文化財ということなんで ちょっと拝んでいこうかの。


こちらが目的地の温泉施設「桂浜温泉館」。風呂は後で入るんだがとりあえず車を駐車して・・・
と、思ったらたまたまこの日はココが成人式と駅伝大会の会場になっていて 町民でごった返していたな。
なかなか車を停める場所が確保できなかったが なんとかゲットして、海側と神社を散策じゃ!



宮島の厳島神社で行われる管絃祭とやらで使われる御座船は この倉橋島で作られたものなんだとか。


桂浜神社の鳥居は海に面している。砂浜を通って本殿に向かうように参道が作られているが、参拝客あるいは神様が海から上陸するという前提なんだろうか?


海岸から道路を挟んで参道の石段が延びている。




むぅ、やはりそれなりに品格というか 荘厳さを感じるのぅ(゚∀゚ )


狛犬~♪


本殿内部はこんな感じ。


裏の本殿が重文らしい・・・ま、どんなものか判っただけでも良しとして、ちゃっちゃと温泉に入ろうかのぅ。


***********************

2019年1月19日

安芸の江田島へ!⑤~真道山森林公園キャンプ場(下見レポ)


さて、食事処がオープンするまでの時間つぶしにやってきたのは「真道山森林公園」
標高286.8Mの真道山の中腹に位置する市営のキャンプ場で 運営は市から委託されたシルバー人材センターの方が担っているんだとか。


・・・看板ではよくわかんないんで 真道山森林公園キャンプ場のHPから拝借した案内図がこちら



管理棟のすぐ前が車が横付けできるオートキャンプ場。


その上がテントサイトになっている。駐車場も近いし設営の時は車を乗り入れても構わないようだから あえてオートサイトを借りる必要もないような・・・

料金は区画単位になっているんで1区画にソロテントを2つ3つ設営しても料金は変わんないらしい。ただ 最近はテントそのものが大型化しているんで1サイト申請しても2~3サイトがくっついて借りることになるんだとか。

料金は基本料金がオート1540円、テントサイトが1020円という設定らしいが どこの区画を借りるか、当日の混み具合やテントの大きさ、利用人数によっても変わるから 設営する場所は管理人さんと相談したほうがよさそうだな。


炊事場


コインシャワーとトイレ


奇麗に掃除されているし 水洗・洋式なんだな・・・(´▽`)



ファイヤーサークル。


上のほうに登っていくと野外ステージやコテージなんかのエリアになる。


コテージは4名定員で5140円らしい。
少し車を走らせれば前日に入った「シーサイド温泉のうみ」もあるし スーパーのある街中にも近いから 人数がそろえばこーゆーコテージを借りてみるのも面白いかもな。

予約制なのがアレだが、江田島散策には便利だし公営だけあってリーズナブルな料金だし 利用価値は高いような気がするな。
ただ、山口からわざわざ本土から離れたここでキャンプに来る機会があるかどうかは未知数だけどな・・・

*************************

2019年1月18日

安芸の江田島へ!④~兵姫コンプリート!

さて、陀峯山の展望台で絶景を鑑賞した後は・・・


牡蠣棚だけはいっぱいあるのぅ・・・(´▽`)

とりあえず、わしが押さえていたのは「昼飯で江田島名物の〝大豆うどん”なるものを食す」ということだけなんだが、それにしても時間がまだ早すぎるな・・・

仕方ないんで店が開く時間まではどこかで時間をつぶさねばならんわけだが、まあ この時間帯でできることと言ったら「兵姫」のスタンプラリーくらいかな・・・


と、いうわけで まずは江田島の一番北の端っこに位置する切串港へ。何でも広島市の宇品に向かうフェリーが行き来している港らしい。
ここなら早朝という時間帯に関係なく開いているだろうとは思ったが 駐車場はすでに満杯状態・・・やっぱ島の人は通勤やレジャー、買い物なんかで早々に広島市方面に出ていくんだろうな。


おお、居た居た♪さっそく一匹確保して、と・・・


お次にやってきたのは「江田島銘醸」なる たぶん醸造所だと思うが 酒蔵を見学してスタンプをゲットする、という趣向なのかな?
確かに営業時間よりやや早く到着したが どうもお店そのものが休日のような感じ・・・

まあ、入り口の窓ガラスに兵姫のバーコードは提示してあったから兵姫ゲットは簡単にできたけどな。


スタンプラリー6か所目は おそらく観光案内所のような役割の施設であろう「学びの館」
ここもオープン前の時間に到着したんだが やっぱりスタンプラリーのバーコードは自由にスキャンできるぞ。

 


「これで兵姫をすべてコンプリートじゃあああ~!」

誇らしげにスマホ画面を見せびらかすTARO先生。




兵姫たちも53歳のオッサンの偉業を祝福しているかのようじゃ。
良かったな、苦労が報われたな・・・(゜-Å)ホロリ


この「学びの館」のすぐ近くに江田島では観光地扱いの海上自衛隊基地・・・旧・海軍兵学校があるんで 外観だけパチリ。

まだまだ食堂のオープンまで時間があるんで「海辺の新鮮市場」なる地域物産店みたいな施設に生ガキの購入目的に出向いたんだが オープンしているようだが誰もおらず・・・


江南展望所で樹齢400年のオリーブの木を「案外小さいな・・・」と眺めて、と。



スマホで調べた「観光客向けに牡蠣を直売&焼き牡蠣を食えるらしい」という会社に出向いたが やっぱり営業しているのかしていないのか 誰もいないみたいなんでスゴスゴ退散・・・(どうも事前予約してないと接客してくれないようじゃ。わかんないけど)

*********************

このあとは もう少し時間をつぶすために「真道山森林公園」なるスポットにあるキャン場の視察に向かうことになるんだが その様子はまた次回のネタに残しておくぞッ!

てなわけで今回はここまで。続くッ!!( ゚Д゚)クワッ

2019年1月17日

日野温泉・いこいの家 Vol.2

(=_=)・・・むぅ、よく寝たな。

と、いうわけで 今日は3か月に一度の定期検診のため会社を休んで朝から病院などに出向いていたんだが、特に体調に変化があるでもなく 通常通り処方箋をゲットして昼イチくらいには解放されて自由の身になったな(゚∀゚ )

夕方からウッカリうたた寝をしてしまって 夜の9時頃に目を覚まして今に至るわけなんだが 夜に眠れなかったら明日の仕事に響くような気もするが まあ止むをえまい。

去年の10月から毎日が妙に忙しくて 新年が明けてからもなかなか落ち着くこともできなかったが たまにこんな感じに平日休みになるとホッとするなあ。正直、病院に行くことよりも「平日に休んだ」という事実のほうがメンタル的には大きいような気がするぞ。朝もゆっくりできるしな。

「じゃあ、日曜日とか祝日とかの休みにおとなしくしておけばいいじゃないか」と思われる方も居られようが、休日は休んで当たり前だから平日に休んでこそ意味があるような気がするのじゃ( ´ ▽ ` )

***********************

そんなことはどうでもいいとして、前日は血を抜かれる可能性を考慮して摂生してたんだが 検診後は安心してカロリー高めのものが食えるんで長府ゆめタウンの天ぷら屋でランチなど。



ほんとは王司のカレー屋に行きたかったんだが 木曜日が休みということは知らなかったんでこちらに流れ着いたんだが、やっぱ揚げたての天ぷらは美味いわい。



あと、ここは塩辛が食べ放題なのが良いな・・・( ´ ▽ ` )

*************************

そのあとは小月から豊田町のほうに向かって車を走らせ、久しぶりに「日野温泉・いこいの家」などに出向いて温泉を堪能。




2019年1月16日

安芸の江田島へ!③~陀峯山

偽ハスラー号で車中泊をする謎の中年二人組は夜明け前に目を覚まし、コンビニでコーヒーなどをすすり 早速行動開始ッ!!

いちおう事前調査で「陀峯山」なる山が江田島市を代表する眺望スポットらしい、という情報はつかんでいたんで 2日目のスタートとして そこからの夜明けと島の風景を拝むことに。


いちおう舗装はされているが 夜明け前の暗い細い道をぐるんぐるんと駆け上って、日の出前に陀峯山山頂(標高438M)に到着。


なにかの中継基地や東屋なんかもあって ちゃんとした展望台になっておる(゚∀゚ )


小さいながらも 天体観測施設なんかがあるんだな・・・


どっちの方角に何があるか メモしてなかったんで忘れたが 確か正面方向に周防大島が見える位置関係だったと思うぞ。


たしかこれは本土側の方面だったと思うぞ。立木が邪魔して360度すべてが見渡せるわけではないが それでもなかなかの光景じゃ♪


20分くらい粘ってようやくご来光を拝むことができたぞ。
「こんなに天気が良いと判ってれば キャンプでも行けばよかったか・・・」とか思ったのも事実だが これはこれで清々しいものよのぅ・・・( ´ ▽ ` )

***********************

さて、この陀峯山には江田島を代表するビュースポット、天狗岩と羅漢石というものがあるらしい。それを拝めるのが中腹に位置する「丈の内展望所」なんだが 景観的には山頂展望所よりそっちのほうが一枚も二枚も上手なんで これは押さえておくべきだろうな。


駐車場があるわけじゃないんで狭い道路の隅っこに駐車するしかないんだが 朝っぱらからこんな林道にそんなに車が来るわけもなかろう。(実際にはちょこちょこ通行車両があったんだがな・・・)

細い道を進むと展望台の先っぽに出ることができるぞ。


ほほう、これはなかなか・・・


わしは「羅漢石」と「天狗岩」をどっちがどっちか理解してなかったんだが どうも丸っぽいのが「羅漢石」で


こっちのごつごつした方が「天狗岩」らしい。(違ったらすまん)


TARO先生は今回ドローンを持ってこなかったことをえらく後悔している様子だったが、わしもTHETAやGOPROを持ってこなかったことを後悔していたぞ。そのくらいの絶景だった、ということじゃ。


ちなみに こっちの岩場も展望台になっているらしい。丈の内展望台のようにわかりやすい看板はないが 一応そちらにも行ってみたぞ♪


ほほぅ・・・(´▽`)


このちょこんと立っている岩が「天狗の鼻」と呼ばれているらしいが・・・これもホントかどうか確信が持てないが、それはともかく なかなかの景観に満足満足。

ちょっとルートが分かりにくいところもあるが 確かに今回のツアーの中ではイチ押しスポットだと言っておこう。
もしこのエリアに来ることがあるならば 是非とも足を運ぶことをオススメしておこう。

( ゚Д゚)クワッ!!